着物の買取

【納得できる着物買取へ】これだけは知っておきたい注意点まとめ

「着物を買取に出したいけど不安」
「納得のいく買取するには何を注意したらいい?」

着物買取を検討している方の多くが、こんな疑問や不安を抱くことでしょう。

初めての利用なら、なおさら不安ですよね。

そこでこの記事では、着物買取における注意点を徹底解説しています。

申し込み前や申し込み時、査定中や買取後といった各ポイントごとに注意点をまとめました。

この記事を読めば、安心して着物買取を進められますよ。

着物買取に出す前の注意点

着物を買取に出すと決めたら、まず注意したいことを解説します。

証紙・落款・付属品などをチェック

着物の価値を証明する証紙・落款・付属品は必ず探しましょう。

これらがあれば、買取査定額が大きくアップする可能性が高いのです。

証紙は、生地の素材や産地、製造元、織り方、伝統工芸品かどうかといった着物の品質が記載されています。

落款は、作家のサインのようなもので、誰が手がけた着物なのかがわかります。

さらに、呉服店やデパートで購入した時に付属している、箱やたとう紙や保証書も品質を証明するひとつの指標となるでしょう。

買取に出す前に、証紙・落款・付属品を必ず確認してください。

証紙や落款ってどんなもの?高額査定のポイントも紹介!着物の価値の判断材料となる証紙と落款について解説。証紙を見ることで分かる産地や製造元、織り方、また人間国宝の作家など着物を買取してもらうときにも役立つ情報が盛りだくさんです。...

着物の価値を確認する

買取に出す着物に、どのくらいの価値があるのか確認しましょう。

前もって着物の価値を知っておくことで、不当に買い叩かれることを防げます。

着物としての価値が高いものには、大島紬・結城紬といった有名産地の着物、京都の千總(ちそう)や東京の竺仙(ちくせん)といった老舗ブランドの着物、人間国宝作家の着物などです。

手元の着物が、これらにあてはまらないか確認してください。

結城紬は高価買取の可能性大!買取相場と高く売るポイントをチェック栃木県と茨城県の県境、鬼怒川流域で生まれ守り伝えられてきた結城紬は、着物愛好家の中でも人気の高いあこがれの着物です。 そんな結城紬の買...
大島紬とは?特徴や柄の種類、見分け方から買取相場まで総まとめ着物の紬の中にも様々な種類のものがあります。 20種類以上の紬がありますが、その中でも大島紬は着物通だけでなく多くの人々の関心を集...

下手に手入れをしない

長年しまっておいた着物には、シミやニオイなどのダメージが発生していることも少なくありません。

しかし、何の知識もなく手入れしてしまうと、かえってダメージを大きくしてしまうことも。

繊細な着物の生地の扱いには、専門の知識が必要です。

したがって、自分で手入れするのは絶対にNG。よくある洋服クリーニング店も避けた方が良いでしょう。

生地がちぢんだり、絞りや刺繍が取れたり…といった事態になってしまいます。

その点、着物専門クリーニング店なら技術的には安心ですが、3,000円~10,000円ほど費用がかかります。

クリーニングしてもその分買取価格がアップするとは限らないので、買取に出すだけならばおすすめはしません。

直前の手入れとしては、1日陰干しをしてシワやニオイを軽減させる程度にとどめましょう。

着物買取に申し込む時の注意点

いざ買取を申し込むときの注意点です。

ライフスタイルに合った買取方法を選ぶ

着物の買取方法は、出張買取・宅配買取・店舗買取の大きく3つあります。

自分のライフスタイルに合った買取方法を選んで、無理なく買取を行いましょう。

それぞれの買取方法のメリット・デメリットをまとめた表を参考に、ぴったりの買取方法を選んでください。

メリット デメリット
出張買取 すべて自宅で完結できる

査定の様子がわかる

自宅に人を入れるのが億劫
宅配買取 忙しくてもスキマ時間で進められる

人と会わずに利用できる

着物の梱包や発送の手間がかかる

キャンセルの場合は返送料がかかる

査定の様子がわからない

店舗買取 査定の様子がわかる 着物の持ち運びが大変

近くの店舗に利用が限られる

売りたい着物の枚数や状態を伝える

買取の申し込み時には、着物の枚数や状態を必ず聞かれるので、前もって確認しておきましょう。

さらに、有名産地の着物や作家ものの着物の場合は、その旨も伝えるとよいです。

事前に伝えておくことで、それをきちんと鑑定できる経験豊富な査定員が来てくれることも。

手数料や出張料の有無を再確認

各種料金についてわからない場合や不安な場合は、申し込み時に再確認しましょう。

例えば下記のような料金です。

  • 手数料
  • 出張料
  • 査定料
  • キャンセル料…など

買取業者のホームページやチラシに無料と記載されていても、例外があるかもしれません。

自分のケースでは無料なのか有料なのかを確認しておけば、後々のトラブルも防げるので安心です。

着物査定時の注意点

ここでは、出張買取を利用した場合の注意点を紹介します。

古物商許可証を確認

出張買取に来た査定員が古物商許可証を持っているか確認しましょう。

出張買取では、査定員がこの古物商許可証を携帯しないと取引できないと法律で定められています。

ほとんどの買取業者は自ら許可証を提示してくれますが、もし提示がない場合は悪質な業者の可能性もあるので提示を求めてください。

また、鑑定士の資格も持っているか確認するとより安心して買取できるでしょう。

本人確認書類と本人在宅が必要

自宅の住所が記載された本人確認書類を用意し、書類に記載された本人が立ち会えるようにしましょう。

これも、法律で定められていることです。

「最近引っ越しをした」「夫名義で申し込んだ」といったケースだと、買取ができない可能性があります。

納得できない場合はきっぱりと断る

提示された査定額に納得がいかない場合は、きっぱりと断りましょう。

出張買取だとどうしても「断りにくいな」と感じてしまいますが、断ることも利用者の権利です。

納得しないまま流れで同意してしまい後悔するといった事態は避けたいですよね。毅然とした態度で断りましょう。

売る気がないものは見せない

出張買取ではほとんどの業者が「他にも売りたいものはありませんか?」と聞いてくるでしょう。

一度ならよいですが、断っているのにしつこく聞いてくる業者には注意が必要です。

売る気がないものは最初から見せないようにしましょう。

押しに弱い方は、一人ではなくご家族と一緒に立ち会うようにしてください。

着物買取後の注意点

買取が成立した後の注意点を紹介します。

クーリングオフの期限や問い合わせ先を確認

出張買取なら、買取成立後でも8日間以内であれば買取を撤回できるクーリングオフが利用できます。

買取成立後少しでも再検討したいと思ったら、クーリングオフ可能な期限と問い合わせ先を確認しておきましょう。

もし買取を撤回したいと決めても、期限を過ぎていてできなかったという事態は避けたいですね。

【ポイント!】クーリングオフ制度とは?

クーリングオフとは、いったん契約の申し込みや契約の締結をした場合でも、契約を再考できるようにし、一定の期間であれば無条件で契約の申し込みを撤回したり、契約を解除したりできる制度です。

(引用:国民生活センター

ただしクーリングオフを利用できるのは出張買取のみです。

宅配買取や店舗買取では利用できないので注意してください。

また、業者と連絡がつかずクーリングオフできないという被害もあるので、バイセルなどのような大手買取業者を選んだ方が安心です。

知っておけばもっと安心!着物基礎知識

プラスアルファとして知っておくと、もっと安心して着物買取ができる着物基礎知識を紹介します。

着物の種類

一口に着物といってもさまざまな種類があるのを知っていますか?

留袖や振袖、色無地、小紋などなど…。

その中でも、振袖や訪問着など着用する人が多い着物は高値が付きやすいのです。

手元の着物の種類は何なのか把握しておくと、より安心して取引できるでしょう。

詳しい解説はこちらの記事へ。

着物には種類がある?種類別の特徴と着用シーンを解説「着物の種類が多すぎてわけがわからない」 「いつどんな着物を着ていけばいい?」 着物を始めてすぐには、その種類の多さや聞きなれな...
帯にも種類がある?種類別の特徴や着物との合わせ方を解説!着物だけでなく、帯にも種類があることをご存じでしょうか? シーンに合わせた着物を選んだら、次は着物に合う帯を選ぶ必要があります。...

着物のサイズ

現代の日本人は、昔の人と比べて体格が良いです。

なので昔の着物は、現代人にとってはサイズが小さくて着られないことがよくあります。

小さい着物は需要が少ないことから値が付かないことも。一方、サイズが大きい着物は需要があり、買い取られやすいです。

手元の着物サイズを知っておくのも、買取査定額の基準になるでしょう。

着物のサイズについての詳しい解説はこちらの記事へ。

知っておきたい着物のマイサイズ!通販でも安心して着物を選べるようになろう。洋服と同じように、着物にもサイズがあることをご存じでしょうか? 着物は洋服に比べて許容サイズは広いものの、自分の体に極端に合ってい...

着物の生地素材

着物生地の素材には、正絹・紬・木綿・麻などがあります。

中でも正絹は価値が高く、高値が付きやすいです。

素人には判別は難しいかもしれないので査定員に素材を尋ねてみてください。

その上で査定額が素材に見合った価格なのか判断する材料になるでしょう。

着物の生地についての詳しい解説はこちらの記事へ。

着物の生地には何がある?素材別・作り方別に特徴を全部解説!着物は季節をとても大切にするお召し物です。 着物や帯の柄ゆきのみならず、冬は袷、初夏・初秋は単衣、夏は薄物と季節に合わせた素材で四...

まとめ

この記事では着物買取に関する注意点を、時系列のポイントごとにまとめました。

  • 買取に出す前
  • 申し込み時
  • 着物の査定時
  • 着物買取後

それぞれのポイントで注意点を振り返って確認すれば、安心して納得のいく着物買取を実現できるでしょう。