着物基礎知識

結城紬は高価買取の可能性大!買取相場と高く売るポイントをチェック

栃木県と茨城県の県境、鬼怒川流域で生まれ守り伝えられてきた結城紬は、着物愛好家の中でも人気の高いあこがれの着物です。

そんな結城紬の買取を考えている人の中には

「結城紬の買取相場っていくらなの?」
「いろいろな種類があるけれど、どれが高いの?」
「そもそも結城紬ってどんな着物なのか詳しく知りたい」

などと思っている人も多いのではないでしょうか?

そこで、今回の記事では結城紬について解説しながら、買取相場高額買取のポイントについて詳しく解説します。

目次

結城紬の買取相場

品質の高いことで有名な大島紬は、買取時いったいどのくらいの値段が付くのでしょうか?

結城紬の買取相場はいくら?

結城紬の買取相場は、数千円~100,000程です。

この価格を見ると、買取相場にずいぶん幅があることが分かります。

その理由は、結城紬にもいろいろな種類のものがあり、以下の条件によって価格に大きな差が出てくるからです。

  • どんな糸を使っているか
  • どんな織機を使って織られているか
  • 絣柄を表現するための技法と模様の細かさ

上のような原料、製法と併せて汚れやシミなどの保存状態によっても買取相場に差が出てきます。

とはいえ結城紬と同格の小紋の買取相場が数百円~数千円程度だということを考えると、結城紬は高値で買取可能な着物だということが分かります。

結城紬が高く売れる理由

それではなぜ結城紬は、高価買取が可能なのでしょうか?

それは主に以下のような理由からです。

  • 風合いの良さと着やすさが人気
  • 一反ずつ手間暇をかけて手作業で作られる
  • 生産量が少なく希少価値が高い

それぞれの項目ごとに、その理由を少し詳しく説明していきましょう。

風合いの良さと着やすさ

結城紬に使われている糸は、ねじれを加えていない「撚り」のない糸です。

そのため、一本一本の繊維の間に空気がたっぷりと含まれているので、暖かいのが特徴です。

また、肌ざわりも優しく柔らかいので、体にピッタリとフィットし着崩れすることがありません。

さらに、三代着て味が出ると言われるほど、着込むほどにその風合いが増していきます。

このような理由から、着物ファンの中でも結城紬は特に人気が高くいため、買取相場も高くなるのです。

一反ずつ手間暇をかけて手作業で作られる

全ての工程が手作業で行われる結城紬は、一反ずつ丁寧に、そして手間暇をかけて仕上げられます。

原料となる真綿から手で糸をつむぎ出す糸づくりからはじまり、その後20以上の工程を経てようやく完成します。

絣模様が複雑な結城紬になると、一反織り上げられるのに一年以上の時間を要することもある高級品です。

結城紬の中でもこうしてこだわりを持って作られたもともと価値の高いものは、買取額も高額です。

生産量が少なく希少価値が高い

時間をかけて丁寧に作られる結城紬は、年間を通して少量しか生産することができません。

さらに、近年は深刻な後継者不足から生産も激減しているのが現状です。

質の良い結城紬を作るためには、まず高品質な真綿の手紬糸を作る必要があります。

しかし、糸づくりの職人の減少と高齢化で、良質な糸を作ることが難しくなっているのが課題となっています。

人気が高いのに対し生産量が少ないので、希少価値が高くなるのです。

結城紬を売るならバイセルがおすすめ

注力対応エリア 全国
買取形式
  • 出張
  • 宅配
  • 店舗
注力取扱商品 振袖、紬、留袖、友禅、訪問着、付け下げ、上布、沖縄着物、男性着物、反物、和装小物、和装上着、小紋、色無地、アンティーク着物、袋帯、丸帯、半幅帯、名古屋帯、作家着物
手数料
  • 出張:無料
  • 宅配:無料 ※返送料は基本有料
  • 店舗:無料

全国に無料で出張査定してくれる

バイセルは、もともと完全無料の出張査定の仕組みで大きくシェアを伸ばした着物買取業者です。ほぼ日本全国で無料で出張査定を行っており、愛知県も対象です。査定金額に不満があれば買取を拒否することもできるため、ほとんど手間やリスクをかけることなく、査定金額を知ることができます。

利用者数が圧倒的に多い

「買取の比較」が調査した着物の買取を行ったことのある人に対する口コミ調査では、なんと半分ほどの口コミがバイセルに買取してもらったと回答しています。金や宝石などに行った同様の調査ではこれほど大きな偏りはなく、着物買取において、全国で実際に多くの人がバイセルの出張買取を利用していることを表しています。

利用者の口コミ

着物30枚(内3枚は加賀友禅)を133000円で買取してもらいました
友禅1枚を95000円で買取してもらいました
着物は10点を95000円で買取してもらいました
娘の振袖を53000円で買取してもらいました
振袖1枚、留袖3枚、訪問着5枚、反物1単、帯10本を51000円で買取してもらいました
母が残した着物30点と私の振袖2点、帯8点を35000円で買取してもらいました

バイセルの無料出張査定に申し込む

結城紬を売るならここがオススメ

着物の出張買取ならバイセル

WEBから5分で簡単予約

完全無料。査定後キャンセル可

✔ 現金即払い

買取の比較調査情報

そもそも結城紬とは?

本場結城紬反物【重要無形文化財】

画像引用元:結城市

結城紬は、栃木県と茨木県の県境を流れる鬼怒川の流域、主に茨木県結城市と栃木県小山市を中心に生産される先染めの絹織物です。

先染めとは、糸を先に染色してから生地として織り上げる技法のことをいいます。

古くから養蚕が盛んで上質な繭を各地に送り商売をしていましたが、売り物にならないクズ繭も多くありました。

そのクズ繭から糸を作り、自家用の着物地を織ったのが結城紬のはじまりです。

結城紬は、現在生産の9割を占める平織りの他、縮織りもあります。

結城紬の柄には、無地、縞、格子などさまざまなものがありますが、その中でも細かな亀甲で表現される絣模様が代表的です。

以下のような特徴を持つ結城紬は着物愛好家からも人気が高く、長きに渡り多くの著名人からも愛されてきました。

  • 木綿のような温かみのある風合い
  • 軽くて暖かい
  • 着崩れしない
  • 年を重ねるほどその風合いを増す
  • 細かな絣模様

また、1977年には国の伝統的工芸品に、2010年にはユネスコ無形文化遺産にも登録されるなど、高い評価は国内だけにはとどまりません。

縮織りは、上記の伝統工芸品などの対象からは外れますが、茨木県の無形文化財にも指定されています。

重要無形文化財指定!結城紬の技法

画像引用元:廣田紬株式会社

結城紬の技法である、糸つむぎ・絣くくり・地機織りの3つは1956年に国の重要無形文化財に指定されています。

この技法で作られた結城紬は特に価値が高く、買取価格も100,000円程と高額です。

結城紬の買取価格の違いを理解するために、この特徴的な3つの技法について知っておきましょう。

原料は真綿の【手つむぎ糸】

結城紬_糸つむぎ

画像引用元:結城市

結城紬は、真綿から手作業でつむぎ出される糸から作られます。

上質な繭を大きな窯で煮出し、袋状に広げたものを乾燥させた真綿から、熟練の職人が撚りのない糸を引き出していきます。

糸は、なるべく均等になるようにつむぎ出されますが、熟練の職人でも太さを一定にするのは困難です。

しかし、ところどころ太さの違う手つむぎ糸を使って織り上げられた生地の表面には、節(フシ)と呼ばれる凹凸ができます。

これが結城紬の素朴であたたかみのある何とも言えない風合いを生み出すのです。

着物一反分の糸を作るには、蚕2,000匹分の繭が必要で、糸つむぎだけでも2~3カ月かかります。

細かい絣模様を表現するためには、より細い糸をつむぐ必要があり、さらに高度な技術が必要です。

結城紬は、原料となる糸自体がそもそもの高級品なのです。

【手くくり】で絣模様を染め出す

結城紬_絣くくり

画像引用元:結城市

絣模様のある結城紬は、手作業で絣くくりを行った絣糸を使用して作られます。

絣とは、織る前にあらかじめ完成の模様どおりに染め分けた糸を使って、織ることで模様を表現する方法です。

重要無形文化財に指定されている手作業での絣くくり「手くくり」は、糸の染めない部分を一つ一つ木綿糸で縛っていきます。

手くくりされた糸を染料に浸すことで、糸で縛った部分は染まらず白く残るのです。

柄が細かくなると、この手くくりの部分が多くなり、細かく複雑にもなるため、てくくりだけでも、半年以上の期間を要します。

高度な技術を要する【地機織り】

結城紬_地機織り

画像引用元:結城市

半年以上もの時間をかけて作られた糸を使い、重要無形文化財の指定条件である「地機」で織られる結城紬は、特に高級品です。

地機は、日本最古の織り機と言われていて、現在手織りの主流となっている高機と比べると3倍の手間がかかります。

しかし、それでも結城紬が地機にこだわるのは、結城紬の風合いを最大限に引き出すためです。

地機は、糸に負担をかけず風合い良く仕上がるメリットがありますが、上手に織らないと織りムラができてしまいます。

地機で織られた結城紬は、根気と高度な技術の結晶です。

高機で織られた結城紬の価格と比べると、地機製の結城紬は約2倍ととても高価です。

そのため、状態の良いものであれば、必然的に買取価格も高くなります。

高価買取が期待できる結城紬の特徴

もともと買取金額が高額な結城紬ですが、その中でもより高値の付く結城紬の特徴をいくつか紹介します。

まずは証紙が付いていること

画像引用元:いわの美術株式会社

まずは、買取を考えている着物に証紙が付いていることが高く売るための大前提です。

証紙は、その着物の品質を保証する証明書で、反物の端や仕立てられた着物に付属品として付けられています。

これを見ることで、いつどこで誰がどんな製法で作られたのかが一目瞭然分かります。

同じ着物でも証紙のあるなしで買取価格が全く違うものになってしまう場合も多々あります。

証紙が付いているかどうかは買取の際とても重要なポイントです。

本場結城紬は高価買取の可能性大

画像引用元:廣田紬株式会社

本場結城紬とは、本場結城紬検査協同組合の検査で確かな品質を保証された結城紬です。

検査は、手つむぎされた真綿糸を使っていること、絣くくりは手くくりで行っていることなどをを含めた以下のような16の項目でチェックされます。

  • 長さ
  • 模様ずれ

組合の検査基準に一つでもたないものは、本場結城紬であることを認められません。

検査の結果、本場結城紬であることが認定された高品質な結城紬には、本場結城紬の証紙が貼られ、買取価格も高くなります。

本場結城紬の買取相場は、80,000円~100,000円程です。

買取額は亀甲の細かさに比例する

画像引用元:京ごふくゑちごや

結城紬には、無地、縞、格子などいろいろな柄がありますが、何といっても結城紬の柄の代表格は亀甲絣です。

結城紬の柄は、亀甲と呼ばれる小さな六角形の集合体でできた、いわば点画のようなものです。

亀甲絣には、80、90、100、160.200があり、この数字は反物の横幅に何個亀甲が入るかを表しています。

例えば80亀甲は、反物幅に対し80個の亀甲が並ぶことになり、一個の亀甲は約4mmほどです。

これが、90、100と値が大きくなることにより亀甲のサイズも小さくなっていきます。

小さな亀甲柄は、細かい糸を作らなければならず、手くくりも高度な技術が必要になるため、価値が高くなるのです。

さらに近年では、高い技術を必要とする糸作りの後継者も少なくなり、細い糸を作ることが難しくなりました。

したがって、細かい亀甲柄は市場に出回る量も少なくなり、買取価格も年々高まっています。

反物の方が高く売れることも

反物の品質にもよりますが、着物よりも反物のほうが高く売れる場合もあります。

高価な本場結城紬でも、細かな亀甲柄の着物であっても、サイズが小さいものは着用できる人も限られるので、その分だけ価格も落ちてしまいます。

反物であれば、その人の体型に合わせたジャストサイズの着物が作れるメリットがあり、買取額も高くなるのです。

本場結城紬や、その中でも地機で織られたものは更に高値が期待できるでしょう。

本場結城紬の証紙はこちら

証紙の図説

画像引用元:廣田紬株式会社

証紙とは、着物の品質を証明するもので、買取価格にも大きく影響します。

本場結城紬には上の写真のような証紙が貼られます。

証紙の発行元は以下の2つの組合です。

  • 本場結城紬卸商協同組合:本場結城紬の問屋組合
  • 本場結城紬検査協同組合:本場結城紬の検査機関

本場結城紬の買取相場は、他の結城紬の中でも高値で80,000円~100,000円程です。

本場結城紬を高くうるためにも証紙はしっかり見極めましょう。

【結マーク】本場結城紬卸商協同組合の証紙

画像引用元:株式会社 小倉商店

まず、本場結城紬卸商協同組合が発行する証紙は、本場結城紬に必ず貼り付けられます(上の写真)。

左側には赤字で「結」の文字が書かれていて、これが本場結城紬かどうかを判断する大切なポイントです。

問屋のロゴ

結城紬卸業協同組合

画像引用元:着物心

婦人が真綿糸をつむぐ様子が描かれたイラストの左下には、下記のいずれかの問屋のロゴが記されます。

【製法別】本場結城紬検査協同組合の証紙

反物の両サイドに貼られる本場結城紬検査協同組合が発行する証紙は、以下の4種類があります。

  • 地機織り本場結城紬
  • 地機織り本場結城紬縮織
  • 高機織り本場結城紬
  • 高機織り本場結城紬縮織

以下、製法ごとに貼られる証紙の違いを、実際の証紙とともに見ていきましょう。

地機織り本場結城紬

結城紬証紙地機平織り

画像引用元:着物心

地機織り本場結城紬の証紙は、上の写真のような証紙です。

本場結城紬検査之証・地機
(画像引用元:株式会社 小倉商店

複数の証紙の一番右には、本場結城紬検査協同組合が検査を行ったことを証明する証紙が貼られます(上の写真)。

その証紙の左下には、地機であることを表す「地機」の文字がありますね。

この証紙の左側に押してある印は、「確かにこの反物の検査を行った」ことを表す割り印です。

本場結城紬検査合格之証・地機
(画像引用元:株式会社 小倉商店

また、複数の証紙の一番左には本場結城紬検査協同組合の検査に合格したことを表す金色のシールが貼られます(上写真)。

地機で織られた結城紬は、合格の下に「地機」の文字があるのが目印です。

この地機織りの本場結城紬の証紙が貼られたものは、ほとんどが重要無形文化財指定の技術で作られたものになります。

したがって、買取相場は100,000円以上の高値になることも…。

刷り込みを行った糸で織られた結城紬
(画像引用元:廣田紬株式会社

上の写真のように地模様の色に対して絣模様が濃いものは、本場結城紬ではありません

白地に青の絣模様の結城紬は手括りで表現することができないので、絣部分に直接染料をすり込む「刷り込み」という技法を使います。

刷り込みの技術は、重要無形文化財の指定する「手くくり」の技法からは外れてしまうのです。

しかし、刷り込みも職人の手で一つ一つ丁寧に行われ高度な技術が必要なため、買取価格も高めになります。

地機織り本場結城紬縮織

地機縮織り

画像引用元:着物心

地機織り本場結城紬縮織の証紙は、上の写真のような証紙です。

結城紬の中には、生産数は少量ですが、縮織りのものも存在します。

縮織りとは、緯糸に強撚糸と呼ばれる強く糸を撚ったものを使ったもので、生地の表面にシボと呼ばれる凹凸ができるのが特徴です。

本場結城紬検査之証・地機
(画像引用元:株式会社 小倉商店

証紙の一番右側に貼られるのは、地機で織られたことを証明する証紙です(上写真)。

地機織り本場結城紬縮織の検査之証・地機縮織
画像引用元:株式会社 小倉商店

縮織の検査之証は、合格の文字の上に「ちぢみ」の文字が記載されます。

高機織り本場結城紬

高機平織り

画像引用元:着物心

高機織り本場結城紬には、上の写真のような証紙が貼られます。

本場結城紬検査之証・高機
画像引用元:株式会社 小倉商店

高機で織られた本場結城紬の反物には、オレンジ色の検査之証が貼られます(上写真)。

証紙の左下にあるのは、高機であることを表す「高機」の文字です。

本場結城紬検査合格之証・高機
画像引用元:株式会社 小倉商店

証紙の一番左側には組合の検査に合格したことを表す金色のシールが貼られ、合格の文字の下に地機の文字が入ります。

高機織り本場結城紬縮織

高機縮織り

画像引用元:着物心

高機で織られた縮織の結城紬には、上の写真のような証紙が貼られます。

本場結城紬検査之証・高機
画像引用元:株式会社 小倉商店

高機で織られたことを証明するオレンジ色の証紙です(上写真)。

本場結城縮検査ラベル

本場結城紬検査合格之証・高機縮織
(画像引用元:和空間スポットガーデン

検査之証、合格の文字の上には「ちぢみ」の文字が入ります。

本場結城紬の旧証紙

画像引用元:逸品呉服 さわらび~ほりだし堂~

平成17年6月2日まで使われていた本場結城紬の証紙がこちらです(上写真)。

15年以上前の本場結城紬には、この証紙が貼られています。

本場結城紬以外の証紙は【紬マーク】

本場結城紬以外の結城紬には、茨城県結城郡織物協同組合が発行する紬マークの証紙が貼られます。

紬マークの証紙が貼られるのは主に以下の2つです。

  • いしげ結城紬
  • 織元オリジナルの結城紬

いしげ結城紬の証紙

石毛結城の証紙画像引用元:廣田紬株式会社

本場結城紬以外の結城紬として代表的なのがいしげ結城紬です。

認定されたいしげ結城紬には、上の写真のような証紙が付けられます。

証紙の文字は「結」ではなく、「紬」と書かれているのが特徴です。

いしげ結城紬は、糸つむぎや、織りなどの一部の工程に、動力化を取り入れることで効率化、量産化を図っています。

こうしてコストダウンすることで、いしげ結城紬は消費者に求めやすい結城紬を提供しています。

もともとの価格がリーズナブルなので、買取額は伸びず、状態の良いものでも数千円~30,000円程になるでしょう。

織元オリジナルの結城紬

yuuki_shoushi02 (1)

奥順株式会社のオリジナル結城紬「おく玉」
(画像引用元:千成堂着物店のブログ

yuui_shousi003

奥順株式会社のオリジナル結城紬「はたおり娘」
(画像引用元:千成堂着物店のブログ

その他、本場結城紬を取り扱う問屋などが、求めやすい価格で結城紬の風合いを再現したオリジナルの結城紬もあります。(上写真)

これらの結城紬は本場結城紬ではありませんが、いしげ結城紬の製造方法に準じて作られた、茨城県結城郡織物協同組合検査済みの商品です。

しかし、これらももともとの価格は本場結城紬と比べると安いため、買取時も高額は期待できません。

おおよその買取価格は、いしげ結城紬と同じく数千円~30,000円程です。

結城紬には伝統マークが貼られない!

伝統的工芸品のシンボルマーク

画像引用元:一般社団法人伝統的工芸品産業振興協会

これまで説明した結城紬の証紙の画像に伝統マークが貼られていないことを不思議に思った方もいるのではないでしょうか?

実は結城紬は、伝統工芸品でありながら、伝統マークは貼られません。

それは、結城紬という着物自体が紬の有名ブランドとして全国的にも認知され、しっかりと確立されているからです。

組合がしっかりとその品質を保証したものであれば、伝統マークを貼り付けるまでもないという産地の考えで伝統マークは貼り付けられていません。

結城紬の見分け方

画像引用元:廣田紬株式会社

結城紬は、国内外で評価される高級な絹織物です。

そのため、市場には結城紬の名を語るまがいものも出回っています。

ここからは、本物とそうでないものを見分けるコツをいくつか紹介します。

怪しい証紙には気を付けて

買取を考えている結城紬が、上記の証紙の例に当てはまらない場合もあるかもしれません。

そんな時には、結城紬であることを少し疑い、買取額も低くなることを想定する必要があります。

以下、例として怪しい結城紬の例をいくつか紹介します。

  • 紬マークの証紙なのに、本場結城紬と反物に記載がある
  • 紬マークの証紙なのに、伝統的工芸品の記載がある
  • 赤い文字が「結」でも「紬」でもない

紬マークが付いている証紙は、本場結城紬以外の結城紬であることを表します。

したがって、本場結城紬や伝統的工芸品という記載があるものは怪しい商品です。

また、「結」や「紬」に似せた文字のマークの場合は、本物でない可能性があります。

この記事で説明した本物の証紙をしっかりと理解していれば、まがい物に振り回されることなく安心です。

証紙のないものは生地の節で確認

「リサイクル店などで購入した」などの理由で、本来あるべきはずの証紙がない場合もあります。

証紙がないものは、結城紬の品質をしっかり保証することができないので、例え本物であっても買取価格はかなり不安定なものになります。

しかし、特性上明らかに本場結城紬ではないものは以下の項目で判別できるので、チェックしてみましょう。

  • 生地表面に節がない
  • 経糸、緯糸の両方に節がない

本場結城紬は、経糸と緯糸に真綿の手つむぎ糸を使っているのが大きな特徴です。

人の手で紡がれる糸は、いくら熟練の技といえども細い部分、太い部分ができ、その味のある糸が結城紬独特の風合いを作ります。

しかし、生地の表面が滑らかで明らかに節のないもの、緯糸に節があっても経糸にはないものは、すぐに本場結城紬でないことが分かります。

このように明らかな違いがあれば良いのですが、結城紬の風合いに似せて作られた類似品は、産地でいつも結城紬に触れている人でも本物かどうかを見分けるのは困難です。

証紙が付いている場合には、大切に保管しましょう。

結城紬をより高く売るためのポイント

そもそも着物としての価値の高い結城紬は、高額買取が期待できます。

ここからは、そんな結城紬をより高く売るためのポイントを紹介します。

複数の買取業者に【相見積もり】

「相見積もり」とは、買取時に複数の業者に見積もりを依頼することです。

各社の見積額を比べることができ、一番高値の付いた業者に売れます。

着物の買取額には、明確な決まりはありません。

同じ保存状態、製法の結城紬でも見積もり額は各社異なります。

売ってしまってから「あっちの業者の方が高く買い取ってもらえたかも…」と後悔しても取り返しがつきません。

あらかじめ、何社かに見積もりを取り、少しでも高値で買い取ってくれる業者と取引を行いましょう。

結城紬の価値が分かる買取業者へ

結城紬の買取を依頼する場合には、その価値をしっかりと判断できる業者へ査定を依頼しましょう。

おすすめはバイセルなどの大手総合買取業者です。

リサイクルショップやフリマアプリなどは、十分な着物の知識がない人同士が売買を行ってしまう危険性があるので、避けたほうが無難です。

価値のある結城紬を適正な価格で売るためにも、着物の専門的な知識を持つ買取業者に査定を依頼しましょう。

査定時には証紙を提示

査定時には必ず証紙を提示しましょう。

証紙は、結城紬の品質をしっかりと保証してくれるいわば「本物の証」です。

証紙があることで買取価格も高値で安定し、売り手側も安心して取引することができます。

品質の高い結城紬には、購入時必ず証紙が付けられています。

買取するときのことを考えて、大切に保管しておきましょう。

定期的なお手入れ

着用する度、あるいは年に数回、定期的なお手入れを行いましょう。

きれいな状態をキープすることで、買取時の印象が良くなり買取額もUPします。

いつも気持ちよく着れることとももちろん、買取のためにも日頃から以下のお手入れをしておくことが大切です。

  • 着用後はハンガーにかけて、直射日光の当たらない風通しの良いところで2時間ほど干す
  • シミや汗、ホコリなどがないか全体をチェックする
  • ホコリは柔らかいブラシで払う
  • シミがある場合は早めに着物専門のクリーニング店に相談する
  • 衿、袖口などに付いた皮脂汚れは、ベンジンを少量付けたガーゼで軽くたたく
  • 湿気を避け、一枚ずつたとう紙に包んで保管する
  • 年に2回程、虫干しをする

忙しく定期的な虫干しが難しい場合には、湿気のない季節にタンスの引き出しを一定時間開け、空気を入れ替えましょう。

実際に買取を行った人の口コミ

実際に買取を行った人の口コミを以下にいくつかご紹介します。

穴も開いていて、色焼けも目立っていたのですが、かなり高級な品だということで、20万以上で買取ってもらうことができました。
全く着物の知識がないまま買取ってもらったのですが、後から元値が凄い着物だったということを知り、なんだか損した気分になりました。着物の知識は大切です。
とりあえず証紙を山のように提示したので、付加価値が付き、予想以上の金額になりました!大満足です。
結城紬は高級だと聞いていたのですが、古着にもなると価値が落ちるらしく、1万円での買取になりました。ちょっと残念です。
前回大島紬を20万で買取っていただいたところに結城紬の買取をお願いしました。元値は結城紬の方が高かったと記憶していますが、買取価格は大島紬の10分の1となり、驚きました。
高級紬だからもう少しいけるかと思いましたが、3万での買取になりました。ちなみに、本場結城紬でした。
母が持っていた結城紬は、今は亡き作家さんのものだったようで、30万近い価格での買取となりました。

口コミは必ず確認して、トラブルを事前に回避しましょう。

着物買取よくあるトラブル6選!事例と対策を知って安心して利用しよう「悪質な業者だったらどうしよう・・・」 「事前にトラブルにあった時の対処法を知りたい」 着物買取を依頼したいけれど、このような不...

まとめ:結城紬の高価買取を目指そう!

結城紬は、着物愛好家の間でも特に人気の高いあこがれの着物です。

買取相場は、使う糸、機の種類、工程が手作業であるかかどうかなどによって違いはありますが、数千円~100,000円程と着物の中では高額です。

まずは、手持ちの結城紬の品質を証紙から判別し、価値の高い本場結城紬の場合には大切に保管し、買取時の高額査定に備えましょう。

結城紬の特徴


まず結城紬の特徴について解説します。

ほっこり、柔らかい風合い

結城紬は、繭を煮て伸ばし、真綿状にした上で、手で紡いで紬糸を作ります。

結城紬に見られる、手で紡がれた糸は無撚糸(むねんし)と呼ばれており、世界的にもレアな製法になっています。

そして、手で紡ぎだした糸に草木染めや藍染めを施し、織り上げていきます。

結城紬は、軽くて着やすい着物として定評があり、着れば着るほどに肌に馴染みます。

さらに、味わい深い色合いとなり、絹独特の光沢も出てくるので、着物通からの人気も高いのです。

織り機によって紬の柔らかさが異なる

結城紬を作るには、昔ながらの地機を用いた方法と高機を用いた方法があります。

地機を用いた方法は、織り手が床に座って織ることから居坐機(いざりばた)織りとも言われています。

織り手は、自分の腰で経糸の調子を見ながら織るという高度な技術が必要で、結城紬の織技術は素晴らしいと国内外から評価されています。

手間暇かけて織られた結城紬の反物には、心地よい生地の柔らかさを感じ取ることができます。

反物を透かして見れば、綿毛が見えるような柔らかさがある、独特の織り味を見て取ることができます。

一邦、機械織りは同じ手で紡いだ糸を用いますが、地機で織られた紬のような柔らかさは無く、しっかりとした打ち込みの生地に仕上がります。

地機織りか高機織りかは、実際に生地を触ってみれば瞬時に判断がつくと言われるほどです。

親子三代で着られる丈夫さ

紬は全般的にその丈夫さが広く知られていますが、結城紬も生地及び糸の頑丈さには定評があります。

親子三代で着まわしてもまだまだ着ることができるほど頑丈です。

糸の紡ぎ方、撚りのかけ方、糸の染色法、織り方など、段階的に複数回の工程を繰り返して丁寧に紡がれるからこそ、どんどん糸が丈夫になるのだと考えられます。

元々は普段着用に作られた着物なので、やはり強度や頑丈さはそれなりに必要だったのでしょう。

結城紬の柄


結城紬は素朴な味わいが特徴的な着物なので、派手な図柄のものはあまり存在しません。

その代わりに、ただの縞柄の地にもほんのり絣柄を見て取ることができます。

代表的な柄や紋様

結城紬と言えば、無地、縞、亀甲絣が有名です。

同じ無地でも絣柄を見ることができるものが多く、織りの技術の高さを肌身で感じることができます。

結城紬は大島紬同様、高級紬、高級着物としての地位を確立しました。

それに伴い、結城紬にも絵羽模様をまとった訪問着が登場したのです。

より高級感が増す結城紬の訪問着は、いわゆるな紬色ではなく、カラーバリエーションも柄も豊富なため、一見紬なのか否か分からないほどです。

中には、結城紬と友禅染の技法を組み合わせた豪華な着物も存在します。

柄や絣の細かさでランクも変わる

紬の高価さは、絣の細かさ、数で決まると言われていますが、これは結城紬にも当てはまります。

結城紬の場合、縦緯絣が一番手間がかかるとされており、亀甲絣が反物の一幅にどれぐらいあるかで技の高さを表します。

糸が最も細かく柔らかい200亀甲が現在では最高品、天とされていますが、通常では目にすることもできない超高級品としても知られています。

そこから、一部では幻の結城紬などと言われることもあるのです。

現在店頭で目にできるランクの高い結城紬は、地機織りで100亀甲の絣のものがあり、これは100万から300万ほどの値段が付けられています。

結城紬の産地


有名な紬には産地の名称が付けられることが多く、結城紬も例外ではありません。

主に茨城県結城市で作られる

結城紬の産地は茨城県の結城市です。

結城市は、茨城県に属しますが、栃木県寄りに位置するため、歴史的にも栃木との関わりが深いことで知られています。

そのため、最近では結城市に隣接する栃木県の小山市でも同様に結城紬が作られるようになりました。

現在では、結城市・小山市一帯で結城紬は生産されています。

茨城県結城市で作られる結城紬こそが本場ものであるという理解をしている人が多いのですが、栃木県小山市で作られるものが必ずしも本場ものではないということはありません。

どちらの市でも本場結城紬・結城紬の両方が作られています。

茨城県で作られるさまざまな織物

結城紬以外にも茨木県で作られる織物があります。

結城御召

結城御召は、茨城県結城地方で生産される縮織りで、結城縮とも呼ばれます。

結城紬と同じく真綿から手紡ぎにした糸を使いますが、強い撚りをかけるのが特徴です。

強い撚りをかけた糸を用いることによって表面に細かいシボが生まれるので、その凹凸により肌にぺたりとつかずさらさらとした風合いになります。

戦後に大流行し昭和30年代までに盛んに織られましたが、現在では生産量が減っています。

豊田紬

豊田紬は、茨城県豊田地方で作られている、絹綿交差の紬織物です。

作られたのは明治末期で、結城紬に似せた実用向きの夏用生地として登場しました。

絹と木綿の交織なのでさらりとした風合いです。肌触りが良く耐久性に優れており、単衣で着る方が多いです。

何度洗い張りしても耐えられる丈夫さから、大正、昭和には盛んに生産されていましたが、現在は生産するのが1社のみとなっており大変貴重です。

石下紬

石下紬は、茨城県常総市石下地区の鬼怒川沿いの地域で作られている絹織物です。

石下地方では古くから木綿の織物が織られていましたが、明治末期になって、緯糸に綿、経糸に絹を使う交織が開発され、石下紬が始まります。

石下紬は、十字絣や亀甲絣などの絣模様が特徴ですが、紬の持つ特有の風合を楽しむために、絣のない無地や縞・格子のものも作られています。

しゃきっとした風合いと軽く着崩れしにくいことで、夏の単衣などに重宝されています。

結城紬の歴史


結城紬の起源は、古くは奈良時代までさかのぼります。

その中でも結城紬がもっとも繁栄したのは江戸時代。

江戸中期には「結城紬は最高峰の紬である」といった記載を江戸の百科事典で確認することができます。

結城紬の原形は「あしぎぬ」

結城紬は、奈良時代に朝廷に献上されていた「あしぎぬ」と呼ばれる絹織物が原形と言われており、今でも正倉院に保管されています。

ちなみに、あしぎぬが多く作られていたのは、現茨城県、常陸の国です。

そこからあしぎぬは徐々に常陸紬と呼ばれるようになり、庶民にも広まっていきました。

武士に好まれた着物

地位の高い人に献上されていたあいぎぬは、普段使いできる紬へと姿を変えていきます。

鎌倉時代には、質素と素朴を好む武士が常陸紬の素朴さを気に入り、常用するようになります。

紬ならではの丈夫さも武士が喜んだポイントだったのでしょう。

次第に、紬が織られている場所をより端的に表すために結城紬と呼ばれるようになりました。

国内外で認められた結城紬


結城紬は奈良時代から始まり、紬織物の原形ともいえる技法をずっと踏襲してきました。

その技術の高さは国内外から高く評価されており、重要無形文化財に指定された他、ユネスコ無形文化遺産にも登録されています。

茨城県の重要無形文化財

1953年に、茨城県の重要無形文化財に指定されました。

県をあげて守るべき技術とみなされたのです。

国の重要無形文化財

本場結城紬は、1956年に重要無形文化財に指定されました。

指定を受けた本場結城紬の条件は、「真綿の手紡ぎ糸」、「手くくりの絣」、「地機の条件を満たしたもの」で、これを全てクリアしていないと重要無形文化財指定の結城紬とは認められません。

特に、真綿の手紡ぎ糸が重要視されるのは、数ある紬の中でも経糸緯糸両方に手紡ぎ糸を用いるのが結城紬だけだからだそうです。

ユネスコ無形文化遺産

2010年には、結城紬の製作工程がユネスコ無形文化遺産に登録されました。

全て手作業で地道に行い、昔ながらの原始的な地機を用いて織り出す様は、まさに職人技なのです。

結城紬は、1873年のウィーン万国博覧会に初出展した時も、その技術力の高さに世界が驚嘆したと言いますが、ウィーン万博から100年以上経った現在でもその技術力は衰えていません。

今後もこの素晴らしい技術を残すべく、後進の養成にも力を入れているそうです。

結城紬の老舗問屋「奥順」


伝統的な結城紬の技術を踏襲し、現代の我々の生活により馴染んだ結城紬を提供している、老舗問屋・奥順。

明治40年に創業して以来、長きに渡って結城紬の発展、研究に携わってきた老舗です。

結城紬というと高級で手が出しにくいイメージがありますが、奥順ではより安く、より手軽に結城紬を楽しんでもらえるオリジナル結城紬ブランド「はたおり娘」を確立しました。

いしげ結城紬の製織技法を用いており、証紙にも「はたおり娘」という文字や、「紬」、「結城紬」といった文字を確認することができます。

「はたおり娘」の結城紬は、柔らかな色合いのものが多く、袷の紬はもちろん、夏場に着られる薄物まで幅広く取り揃えています。

見るからに紬といった風合いを感じさせないこともあり、若い人からも人気が高いです。

奥順では結城紬を今の生活でも使ってもらえるよう、洋服と一緒に用いられる結城紬のストールやマスクなども発表しています。

洋服のみならず、着物のストールとしても大活躍してくれる一品として注目を集めています。

着物通の間では、着物に合わせるマスクに奥順の結城紬マスクを求める人も多いです。

結城紬の着用シーン

結城紬、中でも本場結城紬はもっとも高価な紬として知られていますが、どんな席に相応しい着物かよく分からないという方も少なくありません。

普段着として定着していた紬も今ではちょっとしたおしゃれ着として楽しむ人が増えたことで、着ていく場にも広がりが出ました。

憧れのおしゃれ着

結城紬は、大島紬と並び高級紬として広く認識されています。

値段も値段なことから、普段着使いをする人はまずいません。

おしゃれ着として活用する人は多く、お食事会、ちょっとしたパーティー、個展、美術館巡り、同窓会、ちょっとしたコンサートといった華のある場所で目にしやすいです。

特に、薄手で平織りの結城紬はよそゆきの着物として活用できるので、一着あると大変便利だと言います。

帯によって格付けも可能なので、カジュアルダウンも、フォーマルアップも思いのままです。

結婚式には着ていいの?

結城紬は高級紬として認識されていますが、結婚式には不向きです。

値段が200万もする高級品だからといっても紬は紬で、フォーマルな着物というわけではないのです。

しかし、最近では友禅染と結城紬を組み合わせた新しいタイプの紬着物も出てきています。

色合いもピンク、黄色、緑など華やかなものが多く、かつ絵羽模様に唐草葡萄や、金も使った草花などが描かれた結城紬訪問着は一見紬には見えません。

恐らく、結婚式に着て行っても、紬の訪問着とは気付かれないでしょう。

柄や色が結婚式にも適したものであれば、友禅染本場結城紬訪問着をフォーマル衣装として着ても問題ないでしょう。

合わせる帯は、金糸銀糸がふんだんに使われた、織りの豪華な袋帯を締め、着物の格を上げるようにするとなお結婚式などの格式高い場に相応しいです。

結城紬を売るならココ!おすすめ買取業者ランキング

結城紬を売るのに最適な買取専門業者をご紹介します。

1位 バイセル

注力対応エリア 全国
買取形式
  • 出張
  • 宅配
  • 店舗
注力取扱商品 振袖、紬、留袖、友禅、訪問着、付け下げ、上布、沖縄着物、男性着物、反物、和装小物、和装上着、小紋、色無地、アンティーク着物、袋帯、丸帯、半幅帯、名古屋帯、作家着物
手数料
  • 出張:無料
  • 宅配:無料 ※返送料は基本有料
  • 店舗:無料
支払方法 当日現金支払い※宅配は振り込み

全国に無料で出張査定してくれる

バイセルは、もともと完全無料の出張査定の仕組みで大きくシェアを伸ばした着物買取業者です。ほぼ日本全国で無料で出張査定を行っており、京都府も対象です。査定金額に不満があれば買取を拒否することもできるため、ほとんど手間やリスクをかけることなく、査定金額を知ることができます。

利用者数が圧倒的に多い

「買取の比較」が調査した着物の買取を行ったことのある人に対する口コミ調査では、なんと半分ほどの口コミがバイセルに買取してもらったと回答しています。金や宝石などに行った同様の調査ではこれほど大きな偏りはなく、着物買取において、全国で実際に多くの人がバイセルの出張買取を利用していることを表しています。

利用者の口コミ

着物30枚(内3枚は加賀友禅)を133000円で買取してもらいました
友禅1枚を95000円で買取してもらいました
着物は10点を95000円で買取してもらいました
娘の振袖を53000円で買取してもらいました
振袖1枚、留袖3枚、訪問着5枚、反物1単、帯10本を51000円で買取してもらいました
母が残した着物30点と私の振袖2点、帯8点を35000円で買取してもらいました

バイセルの無料出張査定に申し込む

2位 福ちゃん

注力対応エリア 全国
買取形式
  • 出張
  • 宅配
  • 店舗
注力取扱商品 着物類の他、金や宝石なども幅広く買取り
手数料
  • 出張:無料
  • 宅配:無料 ※返送料は基本有料
  • 店舗:無料
支払方法 当日現金支払い※宅配は振り込み

福ちゃんは2014年創業の株式会社REGATEが運営している、全国で着物や宝石や骨董品などの出張買取を行うサービスです。比較的新しい会社ですが、高いサービスの品質で急激に成長したサービスで、中尾彬夫妻をイメージキャラクターに積極的にCMなども打っています。比較的新しいサービスのため、着物買取に関しては、口コミ数はバイセルなどと比較すると少ないものの、安心して利用できる大手出張買取サービスです。

全国即日出張

福ちゃんでは、全国に即日無料査定を行っています。買取が成立しなくても査定費用はかからず、クーリング億にも対応しています。

幅広い買取アイテム

バイセルやザ・ゴールドと同様に、着物以外の骨董品やブランド品などの査定も同様に行っています。

利用者の口コミ

50枚以上の着物を7000円で買取してもらいました
普段遣いから留袖まで数十枚を7000円で買取してもらいました
訪問着2着と、七五三用の着物1着を200円で買取してもらいました
指輪を1100円で買取してもらいました
着物4枚を4000円で買取してもらいました
女性用普段着の着物を12000円で買取してもらいました

福ちゃんの無料出張査定に申し込む

3位 ザ・ゴールド

注力対応エリア 全国
買取形式
  • 出張
  • 宅配
  • 店舗
注力取扱商品 着物類の他、金や宝石なども幅広く買取り
手数料
  • 出張:無料
  • 宅配:無料 ※返送料は基本有料
  • 店舗:無料
支払方法 当日現金払い

ザ・ゴールドは1962年創業の株式会社マックスガイが運営している、全国に直営店舗を持つ着物買取業者です。

着物の持ち込み査定に強い

着物の大手業者は、バイセルのように出張買取をメインにするところが中心です。その中でもザ・ゴールドは全国に78店舗を展開し、店舗での買取を強化しています。自宅に業者を呼ぶのには抵抗がある。という方にはオススメの買取業者です。

着物だけではなく、貴金属にも強い

ザ・ゴールドの強みとして、着物だけではなく、宝石や金などの貴金属にも強いということが挙げられます。もし着物以外にも査定に出してみたい物がある人は、ザ・ゴールドの利用をおすすめします。

利用者の口コミ

10枚の着物のうち、振袖1枚を5000円で買取してもらいました
振袖と反物を4点を20000円で買取してもらいました
留袖10枚を6000円で買取してもらいました
成人式用の振袖、小物類、フェザーショールを100000円で買取してもらいました
振袖1枚を14500円で買取してもらいました
10枚ほどの着物(1枚は振袖)を30000円で買取してもらいました

ザ・ゴールドの無料査定に申し込む