着物の買取

着物買取よくあるトラブル6選!事例と対策を知って安心して利用しよう

「悪質な業者だったらどうしよう・・・」
「事前にトラブルにあった時の対処法を知りたい」

着物買取を依頼したいけれど、このような不安を持つ方もいらっしゃいますよね。

この記事では、着物買取でよくあるトラブルと対策・対処法を詳しく解説していきます。

トラブル①断れずについ売ってしまう

買取を依頼する際に起こるトラブルの中でもっとも多いケースが、査定に出した品物を断れずに売ってしまう「押し買い」です。

本当は売りたくないのに、査定員からの高圧的な態度や勧誘がしつこいため、断り切れず買取の契約してしまったという事例が数多くあります。

このような「押し買い」は出張買取に多く、女性の一人暮らしや、高齢者の買取依頼の場合は特に注意が必要です。

具体的な事例

処分したい着物がたくさんあったので、買取業者に出張買取の依頼を頼みました。

査定スタッフに着物を見せたところ「どれもあまり値段がつきません」とのこと。

あまりにも安すぎる金額に買取をためらっていたところ、査定スタッフから催促の言葉をかけられました。

たたみかけるように話され、断ることもできず半ば強引に安い金額で買取りをさせられてしまいました。

対策・対処法

断れずに売ってしまう「押し買い」にあわないための1番のポイントは、買取の勧誘を行っている業者に依頼しないことです。

ある日突然、自宅に電話をしてきた怪しい買取業者に依頼をしないでください。

また、万が一押し買いで契約書にサインしてしまった場合でも、出張買取では「契約の日から起算して8日間」は契約の取り消し可能なクーリングオフ制度が適応されます。

こういった押し買いは、なるべく早く消費者センターに相談し、クーリングオフ制度を利用して着物を取り戻しましょう。

トラブル②着物以外に買取品がないかしつこく聞かれる

出張買取にて、着物以外の品物をしつこく要求し買い取る「抱き合わせ買取」というトラブルがあります。

確認程度なら問題ありませんが、断っているのにしつこい場合は注意が必要です。

利用者が本来査定に出す予定のない貴金属や品物を無理やり出させ、強制的に買取していくというケースです。

具体的な事例

たくさんあった母の着物を買取業者に依頼しました。

良い状態の物ばかりだったので、そこそこ値段がつくと思っていたのですが、提示された金額は1着数百円程度。

安すぎる金額に落胆していると、「貴金属などありませんか?もし一緒に依頼をするのであれば、高く買い取ることができますよ」と要求されました。

母の形見のネックレスを提示したところ、勝手に査定をし契約書にサインをさせられてしまいました。

対策・対処法

このようなトラブルを回避するポイントは、なるべく大手の安心できる業者に依頼をすることです。

可能であれば、査定の際は1人でなく家族や友人が同席していると安心です。

同席者がいることで業者側も、あまりしつこく要求することが出来なくなるはずです。

また、どんなにしつこく要求されても、毅然とした態度で断ることもトラブル防止に繋がります。

万が一、断り切れず契約のサインをしてしまった場合は、出張買取場合はクーリングオフ制度を利用しましょう。

トラブル③低すぎる査定金額

相場よりかなり低い金額で買い取ろうとする悪質な買取業者も存在します。

買取相場が変動しやすい着物などは、素人が価格の相場を判断することは難しいでしょう。

そのため、提示された金額が低すぎると疑問に思っても、相場が分からず買取業者を信じて契約をしてしまう被害が多く発生しています。

安すぎる査定額の理由が不明確な場合などは、安易に業者を信頼せず契約の検討をしてみてください。

具体的な事例

買取業者に10点程の着物を査定に出したところ、どの着物も数百円しか値段つかないとのこと。

評判は良く分からなかったのですが、ホームページはあるので業者を信じて提示された金額で売りに出しました。

しかし後日調べたところ、買取に出した着物の相場は、本来なら5,000円以上ということを知ったのです。

買取金額に納得できず、後日業者に問い合わせをしましたが、業者の査定基準だからと取り合ってもらえませんでした。

対策・対処法

1社に限らず複数の業者に見積もりを依頼しましょう。

相場を比較することで、より高値で買取を行ってくれる業者を探しやすくなります。

見積もりを依頼した数社の中で、スタッフの対応や見積もり金額など、自身が納得する取引ができる業者を見極めましょう。

トラブル④高額なキャンセル料や返送料がかかる

店舗買取や出張買取であればその場でキャンセルができますが、宅配買取の場合は返送依頼が必要です。

ほとんどの買取業者で宅配買取のキャンセルには返送料がかかりますが、悪質な業者では高額なキャンセル料や返送料を請求することも少なくありません。

明らかにや不当な返送料やキャンセル料を請求する場合は、悪質な業者の可能性が高いので注意が必要です。

具体的な事例

インターネットで見つけた買取業者に、宅配買取で着物の査定をしてもらったところ、全て合わせて数百円の査定額とのこと。

あまりに安すぎる金額に納得できず、キャンセルの希望を伝えたところスタッフの態度が急変し、キャンセル料を請求されました。

高圧的な態度に怖くなり、数百円で引き取りの契約に応じてしまい後悔しています。

対策・対処法

宅配買取を利用する場合は、信頼できる業者を選ぶことがポイントです。

顔が見えない取引だからこそ、業者選びは特に気を付けるべきなのです。

業者を選ぶ際は、業者のホームページだけで判断せず、口コミや取引実績も確認しましょう。

無料でキャンセル可能かどうか、事前に問い合わせをしておくと安心です。

トラブル⑤キャンセルができない

着物を発送するだけで買取の依頼ができる宅配買取では、査定後にキャンセルができないというトラブルも少なくありません。

通常、買取は契約を結ぶ前であれば、査定後のキャンセルを無料で受け付ける業者がほとんどです。

しかし、中には「キャンセル不可」と、キャンセルの連絡を受け付けない悪質な買取業者も存在します。

具体的な事例

買取業者に宅配買取で着物の査定を依頼しました。

一週間後査定額の連絡が来ましたが、希望の金額と異なったためキャンセルを申し出たところ「キャンセルの対応はしていません」と言われ一方的に話を進められてしまいました。

こちらの主張は一切聞いてもらえず、後日事前に知らせていた銀行の口座に買取額が振り込まれていました。

対策・対処法

宅配買取を依頼するのであれば、実績があり、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

信頼できる買取業者であれば、対面でやり取りをしない宅配買取の依頼も、安心して任せることができるからです。

また、大手の業者であっても、宅配買取の依頼をする際は、あらかじめキャンセル対応が可能かの確認をしましょう。

急ぎではない場合は、出張買取や店舗に依頼をするなど、対面での査定を依頼することでトラブル防止に繋がります。

トラブル⑥キャンセルした着物を紛失された・汚された

宅配買取で査定に出した着物をキャンセルした場合、自宅に返送された着物が汚れていたというトラブルです。

優良な買取業者であれば、返送の際も丁寧に梱包して発送を行いますが、悪質な業者は着物を雑に扱います。

返送してもらった着物がシワだらけの酷い状態になっていた、なんてことも少なくありません。

さらに酷い業者の場合は、着物を紛失し手元に返ってこないケースもあります。

具体的な事例

母が大切にしまっていた着物を宅配買取で依頼に出しました。

宅配で発送後、しばらく待っても連絡が来なかったので問い合わせをすると「査定金額がつかなかったので、処分しました」とのこと。

処分について、事前の説明がなかったことを問い詰めたところ「査定額が付かない品物は処分する規約なので」の一点張りでした。

対策・対処法

正しい知識をもった専門の業者に依頼をしましょう。

着物の知識が乏しい業者に依頼をすることで、着物の価値が分からず、酷い場合は金額をつけてもらえない可能性があります。

また、着物の価値を知っている業者は、着物を雑に扱うことはないので返送する際も丁寧な対応をするはずです。

知名度や実績があることはもちろん、着物の価値を理解し丁寧な査定を行っている買取業者に依頼をするようにしましょう。

そもそもトラブルに遭わないためには?

着物の買取依頼でトラブルに合わないために、最低限気を付けるべきポイントを見ていきます。

  • 実績のある大手の買取業者を選ぶ
  • 自宅に勧誘に来た業者は避ける
  • 査定時は2人以上で立ち会う
  • お店の口コミをチェックする
  • ホームページの写真や取引実績を確認する

買取依頼をする際は、1店舗だけでなく何店舗もの買取業者の下調べをしておくことで、信頼できる業者が見つけやすくなるはずです。

業者のホームページを参考にする場合は、店内写真の雰囲気や、査定スタッフの紹介、取り引き実績を細かく確認しましょう。

まとめ

せっかくならトラブル無く着物の買取を依頼したいですよね。

買取業者の中には詐欺や不当な査定など、買取利用者にとって不利な取り引きを行おうとする悪質な業者はいます。

しかし、どのような業者に気を付けるべきかを事前に把握しておくことで、トラブルを避けることは可能です。

トラブルに合わないための対策や対処法などを参考に、安心して依頼のできる買取業者を選びましょう。