MENU
骨董品の買取

【2022年最新】備前焼の買取相場は?高く売るコツからおすすめの買取サービスまで徹底紹介!

「備前焼を売ろうかな」
「どうせなら少しでも高く売りたい」
このようにお考えの方も少なくないでしょう。

備前焼を高く売るためには、コツを知っておくことが重要です。この記事では、備前焼を高く売るためのコツや、高く売れる備前焼の特徴を解説します。備前焼の売却をご検討の方は、ぜひ参考にしてみてください。
画像参照:備前焼 陶友会 公式Facebookより

10月からは着物シーズン到来

10月から5月の約8か月は袷(あわせ)の季節です。袷とは裏地のある着物のことで、袷の季節は着物がもっともよく着られる季節

秋の行楽シーズンにはカジュアルな小紋、お正月の挨拶には振袖、卒業式には袴、子どもの入学式には訪問着など…お出かけや行事で着物が大活躍します。そのため、10 月~5月は着物の需要が高まるため、お持ちの着物を売るには良い時期となります。

着物の多くは袷の着物です。きっとお手元の着物にも裏地が付いているものがあるはず。袷の着物の買取は今からがチャンスです!

日本六古窯|岡山の備前焼

日本六古窯(にほんろっこよう)のひとつに数えられる備前焼は、岡山県備前市で作られる和食器です。古墳時代から平安時代にかけての須恵器窯跡が発見され、この須恵器が現在の備前焼に発展したといわれています。「ヒヨセ粘土」や「長船(おさふね)黒土」を原料として、釉薬を付けずに長時間焼き上げる独特な製法で素朴な仕上がりとなります。1982年、国の伝統的工芸品に指定されました。

手元の焼き物は備前焼?備前焼の特徴

備前焼の特徴は、釉薬をまったく付けないシンプルな仕上がりです。土の性質や窯の温度の変化などにより模様が生み出されるため、1つとして同じ模様はありません。手作りの味わい深さを、使えば使うほど実感できる魅力があります。備前焼の特徴である「シンプルさ」や「頑丈さ」について詳しくみていきましょう。
画像参照:備前焼 陶友会 公式Facebookより

釉薬・色絵・装飾のないシンプルさ

釉薬・色絵・装飾のないシンプルなデザインは、備前焼最大の特徴といえます。ほとんどの陶器には土の上に釉薬が塗りつけられ、表面がコーティングされた艶やかな仕上がりです。釉薬を塗らないことで土のナチュラルな温かさを感じる仕上がりとなります。さらに色絵や装飾も施さず、土と焼き加減で違いを表現することから「土と炎の芸術」と呼ばれることがあるほどです。

投げても割れないほどの頑丈さ

高温で約2週間焼き締める備前焼は、とにかく頑丈に仕上がります。あまりの硬さから「投げても割れない」と言われるほど。すり鉢や大きな甕(かめ)、壷などさまざまな種類が数多く作られていました。備前焼の通気性に優れた特徴を活かし、花を長持ちさせる花瓶としても重宝されています。さらに備前焼の微細な凹凸がきめ細かい泡を作るとして、ビールグラスに活用されることも少なくありません。頑丈さだけでなく、特徴を活かしたさまざまな方法で現在も数多くの人が愛用しています。

高価買取!備前焼の人気作家一覧

備前焼の買取価格は、作家によって大きく異なります。高価買取が期待できるのは人気作家の備前焼です。備前焼の人気作家の特徴や作品について、詳しく解説していきます。

金重陶陽・金重素山

低迷していた備前焼に新たな風をもたらしたのが金重陶陽です。釉薬を用いない備前焼は、窯の中の藁や炎の当り方、酸素の量などの要因で独特の模様を生み出します。窯の中で生まれる模様を「窯変」といい、金重陶陽は窯変を巧みに操った作品が評価され、人間国宝となりました。備前焼の復活に大きく貢献したことを讃え「備前焼の中興の祖」と呼ばれています。

金重陶陽の弟金重素山は助手として窯焚をつとめたのち、独自に窯の開発を行っていきました。電気窯による緋襷(ひだすき)焼成を完成させ、薄い茶色の素地に赤色の襷模様(たすきもよう)が特徴的な作品を数多く生み出しています。

買取価格は兄・金重陶陽の作品の方が高くなる傾向にありますが、弟・金重素山の作品も数十万を超える価格で買取されることも少なくありません。

藤原啓・藤原雄

藤原啓も金重陶陽とともに備前焼の復興に尽力した1人。40歳と遅い年齢から陶芸の道を歩み始めますが、金重陶陽から指導を受けることで技術に磨きをかけていきました。師である金重陶陽とは対照的に素朴で大らかな作品が魅力で、息子の藤原雄とともに人間国宝に認定されています。

藤原雄も金重陶陽から指導を受け、備前焼の製作に励みました。平安時代ごろに作られた古備前の継承にも貢献したことを高く評価され、人間国宝に認定されています。

藤原啓・藤原雄ともに人間国宝に認定されていることもあり、多くの作品が高く評価されています。どちらの作品も高価買取が期待できるでしょう。

伊勢崎淳・伊勢崎陽山

伊勢崎淳も備前焼の作品が高く評価され、人間国宝に認定された1人です。備前焼の伝統技法と現代的な造形を融合させ、新境地を切り開いた陶芸家として知られています。父である伊勢崎陽山とともに姑耶山の古窯を復元させ、より味わい深い模様の作品を作り出してきました。

古窯の復元に生涯を捧げた父・伊勢崎陽山は陶像などの大きな作品が多く、流通している作品はほとんどありません。

伊勢崎淳の作品は花瓶や茶碗、壺などさまざまな作品があり、人間国宝に認定されていることもあり、多くの作品が高く評価されています。

山本陶秀

ろくろの技術を高く評価された作家で「茶陶の陶秀」と呼ばれるほどバランスの取れた作品を数多く生み出しています。数々の作品が高く評価されたことで人間国宝に認定されていますが、作品数が多いことから希少性はそこまで高くありません。人気の作品や生産数の少ないものは、数十万円以上の価格で取引されることもあります。

中村六郎

金重陶陽から指導を受けて陶芸技術を学んだ1人として、伝統工芸士に認定されています。徳利などの酒器を好んで製作しており、素朴で野性味あふれる作風が特徴です。ねっとりとした土に、窯変で現れる深い色あいは「中村家の緋色」といわれ、コレクターも数多く存在します。

石井不老

宝瓶(ほうひん)と赤の楽茶碗(らくちゃわん)に優れた作品が多い、ろくろの名手です。中でも心経宝瓶は、一巻から千巻までの般若心経を宝瓶の胴に彫り込み、千個の宝瓶として完成させた代表作です。宝瓶や茶碗などの人気作は愛好家も多く、高価買取が期待できます。

どんな備前焼なら高く売れる?

高く売れる備前焼には特徴があります。鎌倉時代後期に作られた古備前や、共箱などの付属品がそろっているものです。古備前や付属品について詳しく解説していきます。
画像参照:備前焼 陶友会 公式Facebookより

鎌倉時代後期の古備前

備前焼の中でも高価買取が期待できるのが「古備前」です。古くから愛されてきた古備前は、どっしりとした重厚感に素朴でありながら深みのある美しさを秘めています。備前焼の中でも、鎌倉時代後期に作られた古備前は、現存数が少ないことから高い価値がつきます。特に「黒備前」と呼ばれる古備前は、希少性が高く高価買取が期待できるでしょう。

共箱や付属品がそろっているもの

有名な作品の多くは共箱におさめられています。共箱には作家のサインや作品が作られた年代などの情報がまとめられているので、買取査定で必要です。共箱がなければ査定に時間がかかったり、買取価格が下がったりしてしまうこともあるので注意しましょう。他にも鑑定書などの付属品が付いている場合は、一緒に査定を受けることで買取価格アップが期待できます。買った時や譲り受けた時の状態のまま査定を受けるようにしましょう。

保存状態が良いもの

高く売れる備前焼は保存状態が良い作品です。実用品よりも骨董品として価値をもつ備前焼は、ヒビやかけ、われが少ないと価値が高くなります。製作された年代が古い「古備前」などは、保存状態がよくない作品でも買取価格高くなることも少なくありません。保存状態が良い方が買取価格アップは期待できますが、ヒビや欠けなどが目立っても価値の高い作品は高く売れることがあります。保存状態が悪くてもまずは査定を受けてみることがおすすめです。

備前焼の買取価格の相場

備前焼の買取価格は作品や作家によって大きく異なります。高価買取が期待できる作品をまとめたのが以下の表です。備前焼の売却をご検討の方は、ぜひ参考にしてみてください。

作品名:花生
作家名:北大路魯山人
60万〜70万円
作品名:備前擂座花入
作家名:金重陶陽
30万〜40万円
作品名:備前大皿
作家名:伊勢崎淳
25万〜30万円
作品名:備前花入
作家名:藤原啓
5万〜10万円
作品名:窯変花入
作家名:藤原雄
5万〜7万円
作品名:備前焼ぐい呑
作家名:隠崎隆一
2万〜5万円

どんな場所で売れるのか

「備前焼はどこで売れるの?」「売る場所を知りたい」このようにお困りの方も少なくないでしょう。備前焼を売るなら骨董品や古美術の買取専門店がおすすめです。他にもリサイクルショップで売ることも可能ですが、あまりおすすめできません。リサイクルショップより買取専門店がおすすめの理由や、それぞれの違いについて解説していきます。

リサイクルショップ

備前焼はリサイクルショップで売ることができます。リサイクルショップの多くは骨董品にも対応しているので、備前焼を買い取ってくれる店舗がほとんどです。しかし、さまざまな品物を買い取るリサイクルショップには、専門の査定員が在籍していないことがあります。備前焼の価値は専門の査定員でなければ正しく見極めるのが難しいので、リサイクルショップでは安く買い叩かれてしまうことも少なくありません。正しい価値で売却するには、骨董品や古美術の買取専門店で売却することがおすすめです。

骨董品や古美術の買取専門店

骨董品や古美術の買取専門店は備前焼を正しい価値で買い取ってくれるでしょう。リサイクルショップとは異なり、備前焼専門の査定員が在籍しているので、安く買い叩かれる心配はほとんどありません。中でも備前焼の買取実績が豊富な専門店がおすすめです。買取専門店によってはホームページに買取実績をのせていることがあるので、店舗を選ぶ時にはぜひチェックしてみてください。

どんな形式で買取可能か

備前焼の買取を行っている業者はたくさんありますが、おすすめなのはバイセルなどの大手の出張査定を行っている買取業者です。

出張 査定員が自宅を訪問し、玄関などで備前焼を査定し、買取してくれます。基本的に無料ですが、出張エリアが限定されている場合があります。
宅配 業者に宅配で備前焼を送り、自宅に居ながら買取してもらえます。手軽ですが、査定の様子が見えないデメリットもあります。
店頭 自分で店舗に備前焼を持ち込み、買取してもらいます。目の前で査定してもらえますが、労力がかかります。

出張

出張買取では、査定員が自宅を訪問し、玄関などで査定から買取まで対応してくれます。店舗に持ち込む時間や手間がかからないので気軽に依頼でき、査定してもらう品物が多い時やサイズが大きい時でも心配ありません。備前焼を売るなら出張買取がおすすめです。店舗に持ち運ぶとなると、途中でぶつけたり落としたりすることで傷つけるリスクが高まります。査定員が自宅を訪問してくれる出張買取では、傷つける心配もありません。便利なサービスではありますが、自宅を訪問されたくない人には不向きです。さらに、業者によっては出張できるエリアが限定されていることもあるので、事前に確認しておきましょう。

宅配

宅配買取では、品物を買取店に宅配するだけで自宅にいながら査定が受けられるサービスです。店舗に持ち運ぶ手間や査定に立ち会う時間がかからないので、忙しい方でも気軽に依頼できるでしょう。しかし、直接査定に立ち会わないことで買取価格に納得できないこともあります。納得できず、返送を依頼するとキャンセル料や手数料が発生することがあるので、宅配買取を依頼する前に確認しておきましょう。備前焼には宅配買取はあまりおすすめできません。配送中に傷ついたり、破損したりする恐れがあるので、宅配買取を利用する場合はしっかり梱包することで配送中の揺れに備えましょう。

店頭

店頭買取は、直接店頭に品物を持ち込み、目の前で査定を受けるサービスです。店舗に直接持ち込む時間や手間はかかりますが、査定に立ち会うことで買取価格に納得しやすい傾向にあります。備前焼も店頭で査定を受けると買取価格に満足しやすくなります。ですが持ち込む時の傷や破損には注意が必要です。店頭買取を行う場合、しっかり梱包し丁寧に持ち運ぶようにしましょう。

備前焼を高く売るコツ

「備前焼を少しでも高く売りたい」このような方も多いのではないでしょうか。備前焼を高く売るには、コツを知っておくことが重要です。高く売るコツは、相見積もりをとることや入手ルートを確認しておくなどがあります。備前焼を高く売るコツを詳しく解説していきます。

相見積もりをとる

まずは相見積もりをとりましょう。複数の買取店で査定を受けると、もっとも高く買い取ってくれる店舗がわかります。複数の買取店を自分で探すのが面倒な方は、ネットでできる一括査定がおすすめです。一括査定では備前焼の作品名や作家名などの情報をネットに入力するだけで、複数の買取店に一括で査定を依頼してくれます。

買取相場を知っておく

買取相場を知っておくことも重要です。買取相場を知らずに査定を受けると、相場よりかなり安い価格を提示されても気づけず、安く買い叩かれてしまうことも。相場を知っておくと、安い買取価格に気づき別の買取店で査定を受けられます。ネットで簡単に相場を調べられるので、査定を受ける前にチェックしておきましょう。

できるだけ早く売る

不要と判断した備前焼は、できるだけ早く売ることがおすすめです。備前焼は長期間保管していても価値が上がることはほとんどありません。それどころか酸素や紫外線の影響で徐々に劣化し、どんどん価値が下がります。今が一番きれいな状態なので、なるべく早く売るようにしましょう。

入手ルートを確認しておく

入手ルートを確認しておくことも重要です。備前焼の多くは「骨董品収集家から購入」や「オークションや骨董市等で購入」などの正規ルートで入手されます。非正規ルートで入手したものは贋作の場合も少なくありません。正しい入手ルートで手に入れた備前焼であれば、高価買取も期待できます。

使い古した備前焼も売れる?

実際に使っていた備前焼も買取可能です。骨董品として人気のある備前焼は、コレクターも多く使い古したものでも手に入れたいと考える人は少なくありません。保存状態が良ければ買取価格が高くなることも考えられます。使い古した備前焼であっても、処分する前に査定を受けてみることがおすすめです。思いもよらぬ価格で売却できるかもしれません。

まとめ

高く売れる備前焼の種類や特徴について解説しました。有名な作品や作家の作り出した備前焼は、高価買取が期待できます。さらに、鎌倉時代に作られた「古備前」は、希少性が高いことから売却価格も高くなるでしょう。備前焼を少しでも高く売るには、相見積もりをとることや、できるだけ早く売ることが重要です。さらに、使い古した備前焼でも売却できるので、処分する前に査定を受けてみましょう。有名作家の作品であれば、思いもよらぬ価格で売却できるかもしれません。