MENU
その他

【2021年最新】壺の買取相場は?高く売るコツからおすすめの買取サービスまで徹底紹介!

「自宅の壺は高く売れるのだろうか?」
このような疑問をお持ちの方も少なくないでしょう。

高く売れる壺は、有名な作家が作ったものや、年代物の壺です。この記事では、高く売れる壺の特徴や買取相場を解説していきます。さらに、高く売るコツもお伝えするので、この記事を読むと、自宅に眠る壺をより高く売却できるようになります。「自宅の壺を少しでも高く売りたい」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

10月からは着物シーズン到来

10月から5月の約8か月は袷(あわせ)の季節です。袷とは裏地のある着物のことで、袷の季節は着物がもっともよく着られる季節

秋の行楽シーズンにはカジュアルな小紋、お正月の挨拶には振袖、卒業式には袴、子どもの入学式には訪問着など…お出かけや行事で着物が大活躍します。そのため、10 月~5月は着物の需要が高まるため、お持ちの着物を売るには良い時期となります。

着物の多くは袷の着物です。きっとお手元の着物にも裏地が付いているものがあるはず。袷の着物の買取は今からがチャンスです!

壺とはどんなもの?

壺とは人類の文化を語るうえで欠かすことのできない骨董品です。日本では縄文時代に現れ、甕(かめ)とともに主要な器の1つとして活用されていました。壺と甕の形がよく似ていため、区別するのが難しく、同じものとして扱われることも少なくありません。ですが、首の口径によって呼び方が定義されており、腹径の2/3以上を甕、2/3未満のものを壺と呼ぶのです。一目見ただけでは壺か甕か区別することは難しいですが、現在では、美術品やインテリア、社会的地位の象徴として世界中で人気となっています。

壺の価値は何で決まる?

壺の価値は産地や作家、時代によって決められます。さらに、保存状態の良いものは価値が上がり、高額で取引されることも少なくありません。産地や作家、時代などが、どのように壺の価値を決めるのか具体的にみていきましょう。

産地

有名な産地で作られた壺は、高い価値がつけられことが多いです。産地は壺の価値を決める最大の要素といっても過言ではないでしょう。以下は日本で有名な壺の産地です。

  • 越前焼
  • 瀬戸焼
  • 越前焼
  • 瀬戸焼
  • 常滑焼
  • 信楽焼
  • 丹波焼
  • 備前焼
  • 有田焼(伊万里焼)
  • 美濃焼(織部焼)
  • 九谷焼
  • 益子焼
  • 萩焼
  • 京焼(清水焼)
  • 唐津焼
  • 薩摩焼
  • 志野焼
  • 三川内焼
  • 波佐見焼
  • 小代焼

作家

どんな作家によって作られた壺なのかということも価値を大きく左右します。中でも井上萬二(いのうえまんじ)・金城次郎(きんじょうじろう)・徳田八十吉(とくだやそきち)などの人気国宝に認定された作家の壺は、世界的にも高い価値を認められ、高額で取引されることは間違いないでしょう。また、人間国宝を辞退した河井寛次郎(かわいかんじろう)の作品も高い価値が認められています。

時代

壺の価値は、作られた時代の影響も大きく受けます。江戸時代や明治時代に作られた壺は、現存数が少なくなっているため、貴重な壺として高額で取引されることも少なくありません。幕末ごろから観賞用として壺が作られようになり、現在でも綺麗な状態で保管されていることが多く、江戸時代や明治時代に作られた壺には高い価値がつけられています。一方、江戸時代より前に作られた壺は、さまざまな用途で使われていたことで、傷や汚れが目立ち、価値が高くなりにくい状態です。

保存状態

壺の保存状態も価値に影響を与えます。ひび割れや金継ぎの履歴がない壺は、良い保存状態として高い価値が認めらます。ひび割れが気になっても、素人が金継ぎをしてはいけません。初心者による金継ぎは大きく価値を下げ、マイナス評価となってしまうので、プロに金継ぎを依頼するか、そのままの状態にしておきましょう。

海外の壺は売れる?

海外で作られたアンティークな壺は、高価買取が期待できます。中でも中国や朝鮮半島で作られた壺や、西洋アンティークの壺は日本での人気も高く、中古市場でも高額で取引されるのです。海外で作られた人気の壺について、詳しく解説していきます。

中国や朝鮮半島の壺

中国や朝鮮半島の壺が高額で買取される背景として、中国の市場では偽物が多く出回っていることが挙げられます。本物の壺を買い求める中国人が日本で中国の壺を買うことが増えているため、中国人好みの壺は高価買取が期待できるのです。

西洋の壺

西洋の壺もアンティークとして高い人気を誇っています。中でもフランス人作家「ドーム」の作品や、ドイツの名窯(めいよう)「マイセン」、イギリスの陶磁器メーカー「ウェッジウッド」などは買取価格も高価です。世界中で人気のある西洋の壺は、コレクターも多く、オークションでもかなり高額で取引されることがあります。有名な作品でなくても高額で買い取られることがあるでしょう。

壺の買取相場

壺の買取価格は作者や窯によって大きく異なります。有名な作家の作る壺になると、数十万円から数百万円の値段がつけられることも少なくありません。売却時の目安となる作品ごとの買取参考価格をいくつかご紹介します。

草花圖扁壷(河井寛次郎作) 25万~30万円
海老文大壺(金城次郎作) 10万~20万円
碧彩釉小紋壺(徳田正彦作) 10万~15万円
白磁彫文壺(井上萬二作) 7万~10万円
アップリケ恋人文飾壷(マイセン) 5万~10万円
ジャスパー ペールブルー(ウェッジウッド) 1万~2万円

どんな場所で売れるのか

「壺はどこで売れるのだろう?」と疑問の方も多いのではないでしょうか。壺を売るときは、骨董品・壺の専門買取業者に持ち込むのがおすすめです。他にもリサイクルショップで買い取ってもらう方法もありますが、高く売却したい方にはあまり向いていません。骨董品・壺の専門買取業者とリサイクルショップの違いについて、詳しく解説します。

リサイクルショップ

リサイクルショップに壺を持ち込むと、ほとんどの店舗が買取してくれるでしょう。さまざまな品物の買取に対応するリサイクルショップは、他の業者と比較しても高価買取してくれそうなイメージがあります。しかし、幅広いジャンルの品物に対応する査定員は、壺についての専門知識を持っていないことが多いのです。知識を持たない査定員では、壺の価値を正しく見極めることができず、相場より安い価格で買取されることも少なくありません。壺の価値に見合った価格で売却するには、骨董品・壺の専用買取業者に任せましょう。

骨董品・壺の専門買取業者

骨董品・壺の専門買取業者に任せると、専門の査定員が壺の正しい価値を見極めてくれるので、高価買取が期待できるでしょう。中でも壺の買取実績が豊富な専門業者や、オークション・骨董市などに出入りして、最新相場に精通している業者がおすすめです。買取実績や相場に精通しているかどうかは、買取業者のホームページで確認できることもあるので、事前にチェックして信頼できる業者で売却しましょう。

どんな形式で買取可能か

壺の買取を行っている業者はたくさんありますが、おすすめなのはバイセルなどの大手の出張査定を行っている買取業者です。

出張 査定員が自宅を訪問し、玄関などで壺を査定し、買取してくれます。基本的に無料ですが、出張エリアが限定されている場合があります。
宅配 業者に宅配で壺を送り、自宅に居ながら買取してもらえます。手軽ですが、査定の様子が見えないデメリットもあります。
店頭 自分で店舗に壺を持ち込み、買取してもらいます。目の前で査定してもらえますが、労力がかかります。

出張

出張買取では、査定員が自宅を訪問し、玄関などで査定から買取まで対応してくれます。店舗に持ち込む手間や時間がかからないため、気軽に査定を受けることができ、サイズが大きいものや、数が多いものでも心配いりません。

壺を売却する時にも出張買取がおすすめです。壺の中にはサイズが大きいものや、持ち運びづらい形もあり、店頭に持ち込む際に落として割れる危険もあります。出張買取であれば、壺を持ち運ぶ必要がないため、割れる心配もありません。出張買取は便利なサービスですが、自宅を訪問されたくない人には不向きです。また、業者によっては出張エリアが限定されていることもあるので、事前にチェックしておきましょう。

宅配

宅配買取では品物を買取業者に送付するだけで、自宅にいながら査定を受けられるサービスです。店頭に持ち込んだり、査定に立ち会ったりする必要がないので、忙しい人でも簡単に査定を受けられます。しかし、査定に立ち合わないことで、買取価格に納得できない人も少なくありません。

価格に納得できず返送を依頼すると、キャンセル料や手数料をとられることがあるので、宅配買取を依頼する前に確認しておきましょう。壺を宅配買取で売却する場合には、配送中に損傷する恐れがあるので、あまりおすすめできません。

店頭

店頭買取は、直接店頭に品物を持ち込み、査定に立ち会う方法です。店頭に持ち込む時間や手間はかかりますが、目の前で査定を見れるため、買取価格に納得しやすい傾向にあります。ですが、割れやすい壺を店頭への持ち込むのはあまりおすすめできません。やむを得ず店頭へ持ち込む際は、しっかり梱包して丁寧に持ち運びましょう。

壺を高く売るコツ

壺を高く売るためにはコツを知っておくと良いでしょう。コツを知らずに査定を受けると、相場よりかなり低い価格で買い叩かれることもあります。高く売るコツを知ることで、正しい価値を見極めてもらい、買取価格アップも可能です。

簡易査定を利用して相見積もりをとる

まずは簡易査定で相見積もりをとりましょう。重くて割れやすい壺は、査定に出すのも簡単ではありません。ネットの簡易査定なら、壺の情報の作品名や作者、傷の状態などを入力するだけで簡単に査定を受けられます。相見積もりの中でもっとも高額だった買取店に詳しい見積もりを依頼することで、高価買取が期待できるでしょう。

買取相場を知っておく

査定を受ける前に買取相場を調べておくこともポイントです。相場を知らずに査定を受けると、かなり安い価格で買い取られてしまっても気づくことができません。事前に買取相場を調べておくと、安い買取価格に気づき、他の店舗に買取を依頼できます。大切に保管している壺を少しでも高く売却するためには、査定前に買取相場を調べておきましょう。

付属品を揃えておく

多くの壺には箱や証明書、鑑定書などの付属品があるので、まとめて査定に出しましょう。価値の高い壺は、単体でも高価買取が予想されます。しかし、コレクターの中には、付属品も一緒に保有したいと考える人が少なくありません。付属品をそろえておくと、買取価格が数万円アップすることもあるので、査定を受ける時には付属品も一緒に出しましょう。

使わないなら早く売る

なるべく早めに売却することも高く売るためのコツの1つです。壺をどんなに丁寧に保管していても、湿気や紫外線などの影響で年月とともに劣化してしまいます。今がもっとも良い保管状態ですので、壺を売却するタイミングは今がベスト。使わない壺は早めに売却することをおすすめします。

無理に修理しない

傷ついたり、破損したりしても無理な修理はNG。素人が知識を持たずに修理してしまうと、かえって価値を下げてしまうこともあります。かといってプロに修理を依頼するものおすすめできません。修理代が高くなり、買取価格を上回る恐れがあるので、傷や破損が気になってもそのままの状態で査定を受けるのが無難でしょう。

破損している・汚れている壺でも売れる?

破損や汚れが気になる壺でも買い取ってくれる業者はあります。もちろん、破損や汚れの状態にもよりますが、価値が高く人気のある壺は、バラバラに割れていたり、激しく汚れたりしていても売却できることがあります。査定を受けてみないと売却できるかどうかはわからないので、傷や汚れが気になる壺でも、まずは査定を受けてみましょう。処分しようと思っていた壺に、思いもよらぬ値段がつくかもしれません。

まとめ

この記事では、高く売れる壺の特徴を解説しました。産地や作者が有名な壺や中国・朝鮮半島の壺、西洋アンティークの壺は、国内外で人気が高く、探し求めるコレクターも多いことから高価買取が期待できるでしょう。さらに、壺を高く売るためのコツもお伝えしたので、売却をご検討の方はぜひ参考にしてみてください。

破損した壺は処分してしまいがちですが、思いもよらぬ値段がつくこともあります。処分してしまう前にダメもとで査定を受けてみると、驚きの価格で買い取られることがあるかもしれません。専門店に査定を依頼し、正しい価値を見極めてもらいましょう。

壺の実際の買取祖事例、口コミ・評判

1

28歳 男性 東京都で骨董の買取の口コミ・評判
なんぼやで祖父が保管していた日本刀と脇差を0円で買取してもらいました
  • 武具
使ってみた感想
祖父母が亡くなって家の整理をすることとなり、掛け軸や壺、日本刀などがあったので出張買い取りを依頼しました。しかし、掛け軸も壺も値段がつくものがなく、日本刀も刃を砥いでいないものであったため(刃引きをしてあると言われました。)値段がつかずそのまま帰ってもらうという残念な結果に終わってしまいました。
査定金額について
有名な方の作品という訳でもなく、比較的新しい物で錆もあるため値段がつかないと言われました。
迷ってる方にオススメの一言
自分では価値がわからない物の値段がはっきりするので出張買い取りは便利です。