MENU
骨董品の買取

【2021年最新】瀬戸焼の買取相場は?高く売るコツからおすすめの買取サービスまで徹底紹介!

「瀬戸焼を売ろうかな」
「自宅の瀬戸焼はどのくらいで売れるのだろう?」
瀬戸焼を売ろうかと悩みながらも、買取価格が気になる方も多いのではないでしょうか。

高く売れる瀬戸焼は「作家のもの」や「古いもの」です。他にも高く売れる瀬戸焼には特徴があるので、詳しく解説していきます。さらに、瀬戸焼をできるだけ高く売るためのコツをお伝えするので、買取をご検討の方はぜひ参考にしてみてください。
画像参照:瀬戸焼振興協会 公式サイトより

10月からは着物シーズン到来

10月から5月の約8か月は袷(あわせ)の季節です。袷とは裏地のある着物のことで、袷の季節は着物がもっともよく着られる季節

秋の行楽シーズンにはカジュアルな小紋、お正月の挨拶には振袖、卒業式には袴、子どもの入学式には訪問着など…お出かけや行事で着物が大活躍します。そのため、10 月~5月は着物の需要が高まるため、お持ちの着物を売るには良い時期となります。

着物の多くは袷の着物です。きっとお手元の着物にも裏地が付いているものがあるはず。袷の着物の買取は今からがチャンスです!

瀬戸焼とは?

瀬戸焼とは、愛知県瀬戸市の周辺で作れる陶磁器のことです。歴史は古く、誕生したのは今から1000年以上も前のことだといわれています。鉄分の少ない粘土から作り出される白く美しい色合いを特徴として、コバルト顔料で絵付けを施し、透明な釉薬をかけて焼成する瀬戸染付の技法が発展してきました。

さらに、国の伝統的工芸品に認定された「赤津焼」は、7種類の釉薬を用いた多彩な装飾技法で、茶道具から家庭用品まで、幅広く焼かれています。瀬戸焼はいつしか「せともの」と、焼き物全体を表す言葉として使われるようになり、日本全国にその名をとどろかせました。その後、西日本の焼き物が唐津物(からつもの)と呼ばれるようになったことで「せともの」は東日本でのみ使われる言葉となります。

瀬戸焼は、中世から現在まで生産が続く代表的な窯を指す「​​日本六古窯」に認定されており、中でも唯一、施釉陶器(せゆうとうき)が発展した産地なのです。

瀬戸焼の種類

1000年以上の歴史を誇る瀬戸焼は、さまざまな種類があります。年代ごとに大きく種類が分かれており、鎌倉・室町時代ごろに作られたものを「古瀬戸」、江戸時代から現在でも生産されているものを「本業焼」と「新製焼・染付焼」と呼んでいます。作られた年代ごとにどのような違いがあるのでしょうか。それぞれの違いを詳しく解説します。

鎌倉から室町時代に作られた古瀬戸

古瀬戸とは鎌倉時代から室町時代に、中国・朝鮮の陶磁器や金属器などをモデルに生産された施釉陶器という瀬戸焼のことです。日本で唯一施釉陶器焼成した瀬戸窯は、時代によって異なる古瀬戸を生産してきました。鎌倉時代前期には灰釉(かいゆう)のみが用いられていましたが、鎌倉時代の終わり頃には鉄釉(てつゆう)の使用が始まり印花(いんか)・画花(かっか)などの文様の最盛期を迎えます。文様が廃れだした室町時代に碗・皿・盤類などの日用品が量産されるようになりました。

本業焼と新製焼・染付焼

江戸時代後期になり陶器に加えて磁器の生産が始まったことで、それぞれを明確に区分するために呼び方が決められました。本来の仕事(技術・方法)という意味をこめて陶器を「本業焼」と呼び、磁器を「新製焼」あるいは「染付焼」と呼ぶようになります。磁器の生産量は急速に拡大していく中で「本業焼」は瀬戸本業窯によって代々引き継がれてきました。本業焼は使いやすさと、長く使い続けても損なわれない美しさを兼ね備えた陶器です。新製焼・染付焼は、透明感があり柔らかい風合いの素地に、繊細で細やかな絵付けが施されている特徴があります。

高く売れるのはどんな瀬戸焼?

高く売れる瀬戸焼は、有名作家の作品や古いものです。作家によって買取価格は異なりますが、作家名が確認できる瀬戸焼は、高価買取が期待できるでしょう。高く売れる瀬戸焼の特徴について、詳しく解説していきます。
画像参照:瀬戸市観光情報公式サイト せと・まるっとミュージアムより

作家もの

有名作家の作り出した作品は高価買取が期待できます。瀬戸焼は有名な作家が多いことで知られており、加藤土師萌(かとうはじめ)・加藤唐九郎(かとうとうくろう)・加藤重高(かとうしげたか)などの作品となれば、数十万円以上の値段がつけれることも少なくありません。人気の高い瀬戸焼は、作家の作品であるとわかるだけでも買取価格アップが期待できます。

古いもの

瀬戸焼の価値は、古ければ古いほど高くなる傾向にあります。古臭いからと諦めて処分する前に、査定に出してみると良いでしょう。中でも古くに作られ価値が高い瀬戸焼の代表「古瀬戸」や「カセ古瀬戸」はかなり高額での買取が期待できます。「カセ古瀬戸」とは数百年以上、土の中で眠っていた証とされる「カセ」が古瀬戸の表面にみられるもので「古いもの」の証明となり、価値が高いと判断されるのです。

伝統的工芸品の「赤津焼」と「瀬戸染付焼」

瀬戸焼の中でも人気の高い「赤津焼」は、7種類の釉薬を使い分ける多彩な装飾技法が特徴です。国の伝統的工芸品にも指定されており、買取価格も高くなる傾向にあります。同じく伝統的工芸品の「瀬戸染付焼」は、瀬戸の自然を美しく描く独特の染付技法で、食器や花瓶、重箱などが現在でも作り続けられています。伝統的工芸品に指定されている瀬戸焼は、独特の技法や質の高さから人気が高く、高価買取が期待できるでしょう。

美しい見た目

歴史とともに種類も豊富な瀬戸焼は「こんな特徴があると買取価格が高くなる」と断言することはできません。ですが、どの年代に作られた瀬戸焼でも、見た目が美しい作品は高く評価され、高価買取が期待できます。中でも、日本画のように華麗な筆致で描かれた作品や、際立った発色の絵付けの作品などは、見た目が美しい作品として高く評価されるでしょう。

瀬戸焼の買取相場

瀬戸焼には数多くの作品がありますが、買取相場は作品や作家によって大きく異なります。有名な作家や作品の買取相場をまとめました。瀬戸焼の買取をご検討の方は、ぜひ参考にしてください。

作品名:斑瀬戸茶碗
作家名:加藤唐九郎
100万〜150万円
作品名:瀬戸黒茶碗 即中斎書付変蓋
作家名:荒川豊蔵
100万〜150万円
作品名:瀬戸黒茶碗 共箱
作家名:加藤孝造
50万〜80万円
作品名:絵瀬戸鉄絵中皿 5点1組
作家名:北大路魯山人
20万〜30万円
作品名:瀬戸写茶入 而妙斎書付
作家名:十六代永楽善五郎
30万〜40万円
作品名:黄瀬戸茶碗
作家名:林正太郎
10万〜15万円

どんな場所で売れるのか

「瀬戸焼を売却するにはどこに持っていけば良いの?」
このような疑問をお持ちの方も少なくないでしょう。

瀬戸焼を売却するなら、骨董品の買取専門店がおすすめです。他にもリサイクルショップで売却することも可能ですが、あまりおすすめできません。リサイクルショップと骨董品の買取専門店にどのような違いがあるのか、それぞれ詳しく解説します。

リサイクルショップ

さまざまな品物を買取するリサイクルショップでは、瀬戸焼を買取してくれる店舗がほとんどです。しかし、幅広いジャンルの買取を担当するため、専門の査定員が少ない傾向にあります。瀬戸焼を査定に出しても、専門の査定員でないことから正しい価値を見極めることができず、安く買い叩かれてしまうことも少なくありません。高く買い取ってもらうには、専門の査定員が在籍する骨董品の買取専門店がおすすめです。

骨董品の買取専門店

骨董品の買取専門店では、専門の査定員が瀬戸焼の価値を正しく見極めてくれるでしょう。中でも、瀬戸焼の買取実績が豊富な専門店がおすすめです。これまでの豊富な買取実績から瀬戸焼の価値を最大限に評価し、高価買取が期待できます。ホームページに買取実績を公開している買取専門店もあるので、事前にチェックし、豊富な買取実績の専門店を選ぶようにしましょう。

どんな形式で買取可能か

瀬戸焼の買取を行っている業者はたくさんありますが、おすすめなのはバイセルなどの大手の出張査定を行っている買取業者です。

出張 査定員が自宅を訪問し、玄関などで瀬戸焼を査定し、買取してくれます。基本的に無料ですが、出張エリアが限定されている場合があります。
宅配 業者に宅配で瀬戸焼を送り、自宅に居ながら買取してもらえます。手軽ですが、査定の様子が見えないデメリットもあります。
店頭 自分で店舗に瀬戸焼を持ち込み買取してもらいます。目の前で査定してもらえますが、労力がかかります。

出張

出張買取では、査定員が自宅を訪問し、玄関などで査定から買取まで対応してくれます。店舗に持ち込む必要がないので、時間や手間がかからず、気軽に査定を依頼することができるでしょう。サイズが大きいものや、数が多いものを査定してもらう時にはとても便利です。

瀬戸焼でも、店舗に持ち込まずに自宅で受けられる出張買取をおすすめします。店舗に持ち込む場合、ぶつけたり、落としたりして破損する恐れがあるので、可能な限り持ち運びしたくないはずです。瀬戸焼を傷つける心配のない出張買取を利用しましょう。出張買取は便利なサービスですが、自宅を訪問されたくない人には不向きです。さらに、業者によって出張エリアが限定されていることがあるので、事前に確認しておきましょう。

宅配

宅配買取では、品物を買取業者に宅配することで、自宅にいながら査定を受けられるサービスです。店舗に持ち込んだり、査定に立ち会ったりする必要がないので、忙しい人でも手軽に利用できます。しかし、査定に立ち会わないことで買取価格に納得できない人も少なくありません。買取価格に納得できず、返送を依頼するとキャンセル料や手数料を取れられることがあるため、宅配買取を利用する前にしっかり確認しておきましょう。

瀬戸焼の宅配買取はおすすめできません。配送中に万が一のことがあれば、瀬戸焼の価値は大きく下がってしまいます。傷つく可能性がある宅配買取は、可能な限り利用しないようにしましょう。もし宅配買取を利用する際には、配送中のぶつかりに備えて、丁寧な梱包が必要です。

店頭

店頭買取では、直接店頭に品物を持ち込み、査定してもらうサービスです。直接持っていく手間や時間はかかりますが、査定を直接見られるので、買取価格に納得しやすい傾向にあります。瀬戸焼の店頭に持ち込む際には、傷や損傷に注意して持ち運びましょう。傷や損傷が気になる方は、出張買取の利用がおすすめです。

瀬戸焼を高く売るコツ

「どうせ瀬戸焼を売るなら、少しでも高く売りたい」と考える方も多いのではないでしょうか。瀬戸焼を高く売るためには、コツをおさえておく必要があります。高く売るための5つのコツを詳しくみていきましょう。

相見積もりをとる

まずは相見積もりをとりましょう。瀬戸焼に限ったことではありませんが、相見積もりをとることは重要です。複数の業者に査定を依頼し、もっとも高い価格を提示した業者に買取を依頼しましょう。自分で複数の業者を探すのが面倒だという方には、一括査定サービスがおすすめです。ネットで瀬戸焼の情報を入力するだけで、複数の業者にまとめて査定を依頼してくます。一括査定を確認し、もっとも高い価格の業者に買取を依頼するだけで、簡単に最高値で売却可能です。

買取相場を知っておく

買取相場を知っておくことも重要です。買取相場を知らずに査定を受けると、安い買取価格を提示されても気づけず、そのまま買い叩かれてしまうことも少なくありません。査定前に相場価格をチェックしておくと、安い買取価格を提示されても別の業者に買取を依頼できるので安心です。あくまで買取相場ですので、必ず同じ価格帯で売却できるわけではないことも理解しておきましょう。

共箱などの付属品が揃えておく

作家の瀬戸焼を購入すると、共箱や鑑定書などの付属品がついていることがほとんどです。売却する時にも、共箱や鑑定書などの付属品をセットにしておくことで、買取価格アップが期待できます。中には、共箱に作者のサインが入っていることもあり、共箱だけでもかなり価値があるというケースも少なくありません。なるべく購入時の状態に近づけられるように、付属品はそろえておきましょう。

できるだけ早く売る

必要ないと判断した瀬戸焼は、なるべく早く売却することをおすすめします。保管しているだけで紫外線や酸素の影響で徐々に劣化してしまい、価値が下がる一方です。瀬戸焼は保管期間が長くなれば価値が上がるようなものではないので、売却を決めたらなるべく早く売却しましょう。日々劣化が進んでいくため、今がもっとも価値が高い状態です。価値の高い状態で売却するのが、高く売るための最大のコツになります。

保存状態を良くしておく

保存状態が良い瀬戸焼は、高価買取が期待できます。瀬戸焼の売却を検討中の方は、なるべく傷つけずに丁寧に保管しましょう。1000年以上の歴史がある瀬戸焼は、傷ついたり、損傷していたりするものも少なくありません。古くに作られた瀬戸焼は、保存状態が悪くても価値が高いものもあります。状態がよくない場合でも安易に処分せず、一度査定を受けてみると良いでしょう。思いもよらぬ価格に驚くことになるかもしれません。

まとめ

この記事では、高く売れる瀬戸焼の特徴を解説してきました。高く売れる瀬戸焼は、有名作家の作品や、古くに作られたものなどの条件があります。さらに、高く売るためのコツも解説しましたので、瀬戸焼の売却をご検討の方は、ぜひ参考にしてみてください。瀬戸焼の保管状態も大切ですが、共箱や鑑定書などの付属品をそろえておくと買取価格アップが期待できます。

また、ひび割れや傷が気になる場合でも、処分する前に一度査定を受けてみてください。1000年以上の歴史を誇る瀬戸焼は、保存状態が悪くても値段がつくことがあります。瀬戸焼は長期間保管していても価値が上がる可能性は低いので、劣化が少ない今の状態で早めに査定を受けてみることがおすすめです。