着付け教室

【コース詳細あり】鹿児島県のおすすめ着付け教室4選!評判や料金、持ち物で比較!

このサイトでは、鹿児島県で着付け教室を探そうと思っている人を対象に、おすすめの教室へのアクセス、最安料金、プラン体系などをまとめています。

主要な教室は、実際に通った方の口コミもまとめていますので、ぜひご参考ください。

教室情報の更新日 2022年7月
掲載情報について 掲載情報の修正や削除をご希望の場合は、お手数おかけしますが、こちらのフォームよりご連絡ください
編集者のコメント

着付け教室を探すにあたって、通いやすさはもちろん重要ですが、「自装、他装、講師などどこまで習いたいか」「月謝はいくらから始められるか」もとても重要なポイントとなります。このサイトでは各教室のプランの概要までまとめていますので、是非参考にしてください。

おすすめ教室

業者名 説明

きものやまと

引用元

きものやまと

地域:全国

教室数:105教室

きの和装学苑

引用元

きの和装学苑

地域:全国

教室数:185教室

きものカルチャー研究所

引用元

きものカルチャー研究所

地域:全国主要都市

教室数:64教室

着付け教室桜良子

引用元

着付け教室桜良子

地域:鹿児島県

教室数:1教室

コンテンツ

着付け教室を選ぶポイント

着付け教室の違い

まず、着付け教室には様々な種類がありますが、簡単に整理すると次の4つに分けることができます。

  1. カジュアルに楽しむための着付け教室
  2. 由緒正しい着付け専門教室
  3. 個人の運営する着付け教室
  4. 呉服店や地域の着物関連施設が開催する教室

それぞれの特徴は次のとおりです。

種類 金額 学べる内容
カジュアル教室 安い(500円~) ・気軽に楽しむことができる
・コースがしっかりしている
・備品の貸し出し等が充実している
由緒ある教室 高め(月謝6,000~15,000円) ・着付けを極めることができる
・資格制度がしっかりしている
・教室を開くことができる
個人の運営する教室 高め ・月謝が安い
・気軽に楽しむことができる
呉服店・その他施設 安い(1回500円~) ・気軽に楽しむことができる

カジュアルな着付け教室や呉服店の運営する着付け教室が1回500円などの安価にはじめられるのに対し、由緒ある着付け教室は月謝はある程度高額で、プラス入会費やテキスト代などがかかります。

初期費用には明確な違いがありますが、由緒正しい着付け教室は、コース設計がしっかりしています。

また、個人の運営する着付け教室や、呉服店や様々な施設が運営する着付け教室では、講師の質によってはあまり質のたかくないレッスン内容であることもあります(もちろん質が高いところもあります)。

周りの方のおすすめなどがない場合は、教室はなるべくしっかりしたところが運営しているところを選びましょう。

自装、他装、講師、どこまで習いたいかがポイント

上記のように着付け教室には様々な種類のものがありますが、自分にあった教室を選ぶのが重要です。

自装、他装に必要な最低限の身に着け、着物を楽しんで着たいという人は、カジュアルな着付け教室で十分必要な知識を学ぶことができます。

一方、一つ一つの作法から、文化背景から理解して、正しい着付けを学びたい。ゆくゆくは自分で講師などもしてみたいという方には、由緒ある着付け教室に通う必要があります。

もちろん、最終的には由緒ある着付け教室で学びたいけど、まずはカジュアルなところで始めるのも間違いではありませんが、着付け教室には人間関係もありますので、できるだけ長く通える教室で始めることをおすすめします。

鹿児島県でおすすめの着付け教室ランキング

きものやまと

画像引用元

初心者向けコースの料金 レッスン回数:1回60分
レッスン費:500 円(税込)
無料体験 なし
小道具のレンタル制度 あり
少人数クラス あり
オンラインクラス なし
男性コース なし

大手呉服店が全国に運営する着付け教室

きものやまとは、創業1917年の老舗の呉服店です。売上高は年間160億円と着物呉服店でもトップクラスの売上を誇っており、運営する着付け教室も大手ブランドの安心感があります。

呉服店だからといって、着物を無理に買わされたりはしない

呉服店が運営するため、着物の購入を進められたりするのでは、と不安に感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、口コミによるとそのようなことはあまりなく、安心して着付けを学部ことができるようです。ただ、展示会の誘いなどがあることもあるようです。

きものやまとの口コミ

埼玉県 23歳 女性 の口コミ・評判
きものやまとに通いました
通った期間
2ヶ月以内
感想
やまとを選んだ理由としては着物を購入した際に、着付け教室体験1回500円で案内していただいたからです。元々、やまとの店員の方とは懇意にさせていただいていたので気軽に申し込みました。せっかく着物を購入したので自分で着られるようになれば気軽に着ていくことができると思いました。基本の型を教えてもらいましたが、おかげで少し特別感のあるところに行くときに着ていけるようになりました。
岡山県 22歳 女性 の口コミ・評判
きものやまとに通いました
通った期間
2ヶ月〜半年以内
感想
もともと舞踊をしていて着物に興味があった
衣装着物は着た事があるが、普段着物を着れるようになりたかった
たまたまぷらっとよった「きもののやまと」で1回500円で着付けレッスンをしていたので1人で着れるようになるまで通った。
北海道 26歳 女性 の口コミ・評判
きものやまとに通いました
通った期間
2ヶ月以内
感想
きものやまとで着物を購入したので、担当さんと仲良くなりそのまま着付けも習いました。
自分で着る分には、着方が書かれた紙ももらったので着られるようにはなりました。多少不恰好ですが、問題ない程度かと思ってます。今は着る機会もないので通うのをやめました。

きものやまとの鹿児島県内の教室一覧

きものやまとは、鹿児島県内に2件の店舗があります。

アミュプラザ鹿児島店

890-0053鹿児島県鹿児島市中央町1-1アミュプラザ鹿児島1階

イオンモール鹿児島店

891-0115鹿児島県鹿児島市東開町7イオンモール鹿児島2階

公式サイト・申込み

きの和装学苑

画像引用元

初心者向けコースの料金 月4回(1回90分)×2ヶ月 全12時間 月謝 4,000円
無料体験 あり
小道具のレンタル制度 なし
少人数クラス なし
オンラインクラス なし
男性コース なし

着物2分、帯3分、たった5分でできる簡単着付けを習えます。

きの和装の着付けは、「楽に着られて、着崩れない、苦しくない。身体の前で結んだ帯をクルッと後ろへ回すだけ」です。帯を後ろに回す時も、オリジナル帯板若竹(特許取得)のおかげで、楽に回せます。※学苑オリジナル帯板若竹(こころ・NBのいずれか)のみは、「前結び」の特性上、必須教材となっておりますので、購入お願いします。
「きもの2分、帯3分」(個人差があります)のキャッチフレーズ通り、気軽に自分らしく、気持ちよくきものを楽しみめます。
前結びなら、高度で複雑な帯結びを楽しむこともできます。きの和装は、皆様にきものを着る喜びや楽しさを見つけていただくお手伝いをさせていただきたいと考えています。前結びを、皆様にとっての「きっかけ」の一つとして気軽に着物ライフを!

きの和装学苑の鹿児島県内の教室一覧

きの和装学苑は、鹿児島県内に9件の店舗があります。

前結び宗家 きの和装学苑 総本部教室

鹿児島市 大黒町

雛菊教室

鹿児島市 下荒田

手塚教室

鹿児島市 皇徳寺台

山下着物着付教室

鹿児島市 桜島小池町

橋口教室

薩摩川内市 宮崎町

吉永教室

薩摩川内市 百次町

公式サイト・申込み

きものカルチャー研究所

画像引用元

初心者向けコースの料金 入学金:3,300円(税込)
テキスト代:2,500円(税込)
月謝:7,700円 ~ 8,800円(税込)
無料体験 なし
小道具のレンタル制度 なし
少人数クラス あり
オンラインクラス あり
男性コース なし

オンラインコースから着付け師向け講座まで、自分にあった形で学べる

きものカルチャー研究所は、NHK・エフエム愛知・中日新聞・Yahoo!など数多くのメディアから取材されており、講師とコミュニケーションをとりながら、一人ひとりのペースに合わせて学習することで、初めて着物について勉強される方や着物の知識を全くお持ちでない方もわずか32時間で確実に着物が着られるようになります。eコースやきもの作成講座をはじめ、約10コースが用意されており、着付け師になりたい方向けの専門性の高いコースまで揃っているため、1人1人にあった学習スタイルで質の高い講師から学ぶことができます。

きものカルチャー研究所の鹿児島県内の教室一覧

きものカルチャー研究所は、鹿児島県内に1件の店舗があります。

出水教室

899-0131鹿児島県出水市明神町2700-56

公式サイト・申込み

着付け教室桜良子

画像引用元

初心者向けコースの料金 内容:浴衣(3回) ¥3,000/1回(2時間) 小紋(5回)¥3,000/1回(2時間) 留袖・訪問着(10回)¥5,000/(2時間) 振袖(12回) ¥6,000/1回(2時間) ※その他 舞踏、花嫁、袴などのコースあり。
無料体験 なし
小道具のレンタル制度 あり
少人数クラス あり
オンラインクラス なし
男性コース なし

あなたに合った「技術」で、あなたの「ペース」で、しっかり学べる桜良子の着付け教室

鹿児島県鹿児島市西陵の自宅兼店舗で、着付け・着付け教室をおこなっています。着付けの価値を伝えながら、楽しく学べる教室を開いております。自分のペースでしっかり学べる桜良子の着付け教室は、マンツーマン指導で、初心者の方からプロとして着付けの仕事に就きたい方にも幅広く対応可能です。着付け教室の時間帯は好きな時間を選んで学べるので、主婦の方や仕事をされている方にも対応できます。また、大切な節目の日には桜良子の着付け。結婚式、披露宴・パーティー、お見合い、卒業式、買い物、街着・外出着、初詣、夏祭りなど、様々な生活シーンで着物を楽しめるよう、サポートさせていただきます。ヘアメイク・ヘアセット・お子様(子供)の着付けも行っています(七草、七五三、浴衣)また鹿児島県内の出張着付けも行っております。

着付け教室桜良子の鹿児島県内の教室一覧

着付け教室桜良子は、鹿児島県内に1件の店舗があります。

着付け教室「桜良子」

890-0032鹿児島県鹿児島市西陵6丁目1-13

公式サイト・申込み

鹿児島県の近くの着付け教室を探す

市区町村を検索

市区町村を選択

市区町村を検索

きものやまと アミュプラザ鹿児島店

890-0053鹿児島県鹿児島市中央町1-1アミュプラザ鹿児島1階

きものやまと イオンモール鹿児島店

891-0115鹿児島県鹿児島市東開町7イオンモール鹿児島2階

きものカルチャー研究所 出水教室

899-0131鹿児島県出水市明神町2700-56

着付け教室桜良子 着付け教室「桜良子」

890-0032鹿児島県鹿児島市西陵6丁目1-13

きの和装学苑 前結び宗家 きの和装学苑 総本部教室

鹿児島市 大黒町

きの和装学苑 雛菊教室

鹿児島市 下荒田

きの和装学苑 手塚教室

鹿児島市 皇徳寺台

きの和装学苑 山下着物着付教室

鹿児島市 桜島小池町

きの和装学苑 橋口教室

薩摩川内市 宮崎町

きの和装学苑 吉永教室

薩摩川内市 百次町

きの和装学苑 鹿屋 吉永教室

鹿屋市 下高隈町

きの和装学苑 平教室

出水市 上鯖渕

きの和装学苑 松岡教室

西之表市 西之表

全国のおすすめ着付け教室

鹿児島県内の主要エリアのおすすめサービス

https://kaitori-hyoban.com/kagoshimashi-kitsuke-area/
https://kaitori-hyoban.com/kagoshimashi-kitsuke-area/
https://kaitori-hyoban.com/kagoshimashi-kitsuke-area/

鹿児島県付近の着物の観光スポット

鹿児島県付近で、着物を着て楽しめるスポットを調査しました。着付け教室で着物を切れるようになったら是非訪問してみてください。

城山

特徴

城山は鹿児島市街地の中心部に位置する標高107mの小高い山で、西南戦争最後の激戦地となったことで知られています。
「城山」の名前は中世に地元の豪族・上山氏が山城を築いていたことに由来し、1601年に島津忠恒が内城に代わる新しい島津氏の本拠となる鹿児島城(鶴丸城)を築いた場所です。
1877年9月の西南戦争で撤退を余儀なくされた西郷軍はこの城山に立てこもり最後の抵抗を試みましたが、圧倒的な官軍の前に西郷隆盛は自刃に追い込まれ、他の西郷軍側将兵の多くも戦死しました。
西郷軍司令部の置かれた洞窟(通称「西郷洞窟」)や、西郷隆盛終焉の地など西南戦争にまつわる多くの史跡がこの城山に残っています。

現在は桜島をはじめ錦江湾や鹿児島市街地を一望できる観光スポットとして人気で、天気の良い日には展望台から遠く霧島や指宿の開聞岳も見え、夜景が美しいことでも有名です。
クスの大木やシダ・サンゴ樹など約600種の温帯・亜熱帯性植物が自生する自然の宝庫でもあり、昭和6年に国の天然記念物及び史跡の指定を受けました。
遊歩道での散策も楽しめ、市民の憩いの場ともなっていますので、着物でゆっくり散策するのにおすすめの観光スポットです。

住所 日本鹿児島県鹿児島市城山町
アクセス 鹿児島中央駅からカゴシマシティビュー、まち巡りバスに乗り「城山」で下車してすぐです。

天文館商店街

特徴

天文館は鹿児島の人々に長く親しまれている、複数の商店街で形成された鹿児島一の中心繁華街です。

江戸時代に第25代薩摩藩首の島津重豪が天文観測所として作った「明治館」別名:天文館がその名前の由来となっており、明治から大正時代までは空き地も目立つ寂しい場所でありましたが、昭和初期に路面電車が開通し、“鹿児島座”という映画館や劇場が開館して以来、昼夜を問わず人で賑わう鹿児島一の繁華街になりました。
天文館の大きな特徴のひとつ、片屋根型を合わせて約2kmにも及ぶアーチ型のアーケードは、”桜島の降灰対策”や、雨、夏の強い日差しを避ける役目を担っています。
最寄駅となる「天文館通り電停」には、通勤や通学、観光客まで1日約4600人もの人が訪れ、昼夜を問わず賑わいます。
歴史ある老舗店舗と新しい店が融合し、鹿児島の郷土料理や焼酎を提供する飲食店をはじめ、土産物店、ファッション、エンターテイメントと様々な店が軒を連ね、日常使いだけでなく、大切な来客者を“もてなす場”としても、年齢性別を問わず多くの人に親しまれ続けています。
時代の変化に合わせ、表情を変えながらも、古くから続く営みやたくさんの人に愛される繁華街であることは今も変わらず、南九州一の人気スポットとして広く知られています。
近くには島津齊彬公を祀る照国神社がありますので、着物で参拝した後に天文館でゆっくりショッピングを楽しむのもおすすめです。

住所 鹿児島県鹿児島市東千石町
アクセス 鹿児島中央駅から車で5分です。

東雲の里あじさい園

特徴

「東雲の里あじさい郷」は、鹿児島県出水市の奥山にある四季折々の花や木々が魅力の庭園です。
山の起伏をそのまま生かして遊歩道まで整備された4万坪の大庭園は、毎年6月頃にはあじさいが咲き、11月中旬から下旬頃には山の木々が赤や黄色に色づき、紅葉の名所としても人気です。
広大は園内には沢が流れ、上流には東雲の滝や展望台がある日本最大級のあじさい峡となっています。
陶芸家である園主の作品を展示したギャラリーや、食事やお茶ができる茶屋も併設されており、着物で訪れるのもおすすめです。
日常の慌ただしさを忘れる空間で、ゆったりと癒やしの時間を過ごすことができます。

住所 鹿児島県出水市上大川内2881
アクセス 出水駅から車で30分です。

鶴丸城趾(鶴丸御楼門)

特徴

鹿児島城は,別名「鶴丸城」と呼ばれ、慶長6(1601)年頃に,のちに初代藩主となる島津家第18代当主・家久が建設に着手した島津氏の居城です。以後廃藩置県まで島津氏の居城であり、城跡は鹿児島県史跡に指定されています。
現在は本丸跡に鹿児島県歴史資料センター黎明館、二の丸跡には鹿児島県立図書館、鹿児島市立美術館、鹿児島県立博物館などが建っています。
遺構として石垣や堀、西郷隆盛の私学校跡地である出丸跡、大手門との間に架かる石橋が現存しており、私学校の石垣には西南戦争の際についたといわれる弾痕が数多く残っています。

御楼門は居館の正面中央に城のシンボルとしてありましたが,明治6(1873年)年の火災で焼失してしまいました。
近年、鶴丸城御楼門復元委員会によって復元計画が進められ、官民の連携による民間が主導する事業として2015年に設立された「鶴丸城御楼門建設協議会」によって復元工事が始まり、2020年3月に147年ぶりにその姿がよみがえりました。
復元した御楼門の高さ、幅はともにおよそ20mと国内最大の城門です。
2020年(令和2年)4月11日より一般公開が始まりましたので、ぜひ着物で訪れたいおすすめの観光スポットです。

住所 鹿児島県鹿児島市城山町7番2号
アクセス 鹿児島駅から巡回バスに乗り「薩摩義士碑前」バス停で降りてすぐです。

仙巌園

特徴

仙巌園は鹿児島市にある薩摩藩主島津氏の別邸跡とその庭園です。
1658年(万治元年)に第19代当主であった島津光久によって造園され、その後も歴代当主による改築が重ねられてきました。
最後の藩主となった島津忠義は明治30年に亡くなるまでここで暮らしており、園内の御殿は幕末明治には国内外の賓客をもてなす迎賓館となりました。
借景技法を用い、桜島を築山に、鹿児島湾を池に見立てた素晴らしい景色と広大な庭園が特徴で、1958年(昭和33年)に国の名勝に指定されています。
また、幕末に第28代当主島津斉彬がこの敷地の一部を使ってヨーロッパ式製鉄所やガラス工場を建設するなどの近代化事業を起こし、1857年(安政4年)には、園内の石灯籠にガス管をつないで点火させ灯火として用いたことから、日本のガス灯発祥におけるルーツの一つとしても知られています。

隣接地には、島津家に関する史料を展示する博物館「尚古集成館」や、薩摩切子の製造を見学できる工場があります。
また、食事やお土産物の施設も充実しており、鹿児島を代表する工芸品「薩摩切子」や「薩摩焼」をはじめ、焼酎や黒酢、さつまいもを使ったお菓子など鹿児島の特産品が取り揃っており、特に仙巌園でしか手に入らない限定商品が人気です。

日本を代表する大名庭園を着物でゆっくり散策し、御殿から桜島を望む雄大な景色をを眺めることができるおすすめのスポットです。

住所 鹿児島県鹿児島市吉野町9700-1
アクセス 鹿児島中央駅から車で20分です。

鹿児島県を産地とする生地・織り・染

藍大島

大島は、鹿児島地方で生産されていた藍色の大島です。大島紬は泥染めの黒地を基調とした色合いですが、染色方法や種別などにより様々な種類があります。藍大島は、染色によって分類されています。本絹糸を、植物藍を…(続きは記事を参照)

https://kaitori-hyoban.com/ai-ohshima-kimono-brand/

久米島紬

米島紬は、沖縄県久米島で織られている紬です。経済産業大臣指定の伝統的工芸品です。15世紀に、明から養蚕の技術を学び、絹布を織り始めたのをルーツとします。南方系の絣柄です。江戸時代には黄八丈の泥染め技法…(続きは記事を参照)

https://kaitori-hyoban.com/kumejima-tsumugi-kimono-brand/

大島紬

島紬は奄美大島(鹿児島県)を発祥の地・本場生産地とする絹織物。約1,300年の歴史を誇り、日本の伝統工芸品に指定されています。絹100%を使用し、織る前に糸を染める先染めを行い、手織りの平織りで、絣合…(続きは記事を参照)

https://kaitori-hyoban.com/oshima-kimono-brand/

綿薩摩

薩摩は、「綿織物のダイヤモンド」と称され、絹と間違えるほどの光沢と風合い、一度着たら虜となる着心地、斬新なデザインの絣柄が評価を得ている高級綿織物です。「薩摩絣」や「薩摩木綿」とも呼ばれています。元々…(続きは記事を参照)

https://kaitori-hyoban.com/men-satsuma-kimono-brand/

夏大島

染めの大島紬の中でも透け感を特徴とした夏大島は、梅雨から夏本番までの時期の召し物として知られています。その軽さや冷感のある肌触りがあり、正装から普段着まで多岐にわたって利用できます。経糸、緯糸ともに強…(続きは記事を参照)

https://kaitori-hyoban.com/natu-oshima-kimono-brand/