着物基礎知識

【着物知識】丹波布とは?特徴や事例を紹介

この記事では、兵庫県を主な産地とする丹波布の特徴や、実際の着物・帯、生地としての利用例などをご紹介します。

丹波布とは?

丹波布は、兵庫県丹波市を産地とする手織り布です。

丹波布の歴史は古く、文政年間に野良着などとして制作が始まったと考えられています。以前は佐治木綿と呼ばれていましたが、日本を代表する思想家の柳宗悦がその魅力を見出し,「静かな渋い布」と称して丹波布と名付けました。

丹波布は、手紡ぎの絹と木綿を交織に平織にすることで生じる素朴な美しさが魅力です。緯糸に木綿だけでなく屑繭から紡ぎ出す「つまみ糸」を織り込むことで、ざっくりとした独特の風合いが生まれます。一本一本の糸が目で見えるほどの太さで織られており、人の手で作られたぬくもりが伝わってくるようです。染料には藍のほか、周囲の山で手に入る栗の皮、ヤマモモの樹皮、ハンノキの樹皮などや、田畑や里山に自生するコブナグサ、キクイモ、ビワの樹皮など、自然素材が使われています。これらの材料で藍と茶を基本に黄や緑を交えて、縞柄や格子柄を織り上げます。

一時期廃れていた丹波布ですが、丹波布復興協会の尽力で今では選択無形文化財に指定されています。

丹波布の着物・帯、生地

全国の着物・帯のブランド

北海道 厚司織
山形県 長井紬置賜紬紅花紬米沢織物米沢紬米沢琉球絣紬白鷹上布白鷹紬
宮城県 若柳地織精好仙台平白石紙布白石紙子
秋田県 秋田畝織秋田八丈鹿角絞り
青森県 津軽こぎん刺し南部裂織南部菱刺
福島県 会津木綿
岩手県 南部茜染南部紫根染
群馬県 館林縮桐生織伊勢崎銘仙
千葉県 館山唐桟銚子縮鴨川萬祝染
東京都 雪花絞り砂川太織白鷹御召多摩織江戸小紋黄八丈東京友禅長板中形黒八丈鳶八丈村山大島紬富士絹江戸友禅
栃木県 足利銘仙真岡木綿
茨城県 豊田紬結城御召石下紬結城紬
埼玉県 秩父銘仙所沢絣川越唐桟
石川県 牛首紬釘抜紬白山紬能登上布加賀友禅夏牛首紬
愛知県 鳴海絞り知多晒知多木綿名古屋友禅有松絞り三河木綿
長野県 飯田紬信州紬信州手描友禅松本紬伊那紬上田紬
静岡県 颯々織遠州織物遠州縞遠州緞子遠州紬遠州木綿葛布
新潟県 青梅縞透綾科布京小紋久留米絣越後縮塩沢紬越後上布小千谷縮十日町明石縮本塩沢小千谷紬夏塩沢塩瀬十日町絣十日町紬十日町友禅
山梨県 郡内紬
岐阜県 郡上紬
福井県 越前墨流し染め福井春江縮緬
三重県 伊勢木綿松阪木綿
京都府 長浜縮緬西陣御召丹後ちりめん西陣織月華御召弥栄織物
滋賀県 近江上布藤三郎紐秦荘紬
兵庫県 丹波布明石縮
京都 京友禅
奈良県 奈良晒大和絣
大阪府 河内木綿
島根県 出雲織広瀬絣
鳥取県 弓浜絣弓ヶ浜絣倉吉絣
広島県 備後絣
岡山県 作州絣
大分県 豊後絞り
沖縄県 読谷山花織花織首里織琉球藍型琉球絣琉球紬芭蕉布宮古上布琉球紅型南風原花織八重山上布与那国織
鹿児島県 藍大島久米島紬大島紬綿薩摩夏大島
宮崎県 綾の手紬
福岡県 紋織博多織甘木絞り献上博多織博多織小倉織博多帯
佐賀県 佐賀錦
長崎県 天草更紗